ジュニオル・フィルポ 写真提供:Gettyimages

 ミランバルセロナのDFジュニオル・フィルポの今冬獲得にむけてクラブ間交渉を開始したようだ。19日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 左サイドバックを本職とするフィルポは2019年夏にレアル・ベティスからバルセロナに完全移籍により加入。昨季は公式戦15試合で先発出場していたものの、今季はここまでわずか2試合の先発出場にとどまっており、ロナルド・クーマン監督の構想から外れている。

 一方、ミランのディフェンス陣ではイタリア代表DFアンドレア・コンティのパルマ移籍がほぼ確実となっている。また、マンチェスター・ユナイテッドから1年レンタルにより加入しているDFディオゴ・ダロトは左サイドバックで起用されることもあるものの、本人が右サイドでのプレーを望んでいるため、ミランは左サイドバックレギュラーに定着しているDFテオ・エルナンデスバックアッパー確保が課題となっている。

 ミランバルセロナとのクラブ間交渉を始めているが、バルセロナフィルポを半年間のレンタルではなく、完全移籍による放出を強く望んでいる模様。くわえて2000ユーロ(約25億2000万円)以下のオファーには応じない姿勢を見せているため、獲得交渉は難航するという見方があるようだ。