1月18日、通常国会が召集され菅義偉首相が施政方針演説を行った。その数時間前には立憲民主党の蓮舫参議院議員がTwitterに演説原稿の写真を投稿、批判が殺到し削除するという珍事を引き起こす。立憲民主党が謝罪するも本人はその件に関しては沈黙を続け物議を醸していた。

参考記事:蓮舫議員が施政方針演説前に原稿をTwitterに投稿し物議 自民・園田修光議員「どういうことだ?国会軽視も甚だしい」
https://getnews.jp/archives/2909447[リンク]

翌19日のフジテレビバイキング」では、演説中に目をつぶっている議員について報じ、その中には日本維新の会の音喜多駿参議院議員も。音喜多議員は番組を紹介したスポーツ新聞の記事にリンクを貼り、

昨日の本会議にて、施政方針演説中に何度かウトウトとしてしまった姿が報じられました。気の緩みと批判されても返す言葉はなく、誠に申し訳ありません。今後はこのようなことがないよう、気と体調を引き締めて国会に臨んでまいります。自戒を込め、ニュースは以下の通りです。

ツイートを行う。
実業家の堀江貴文さんは、音喜多さんのツイートを引用し

つまんないセレモニーで居眠りすんの当たり前やん。なんで批判されるの?

ツイートを行った。
また、音喜多議員はブログを更新し歳費1日分を返納(寄付)すると表明、その旨をツイート。堀江さんはそれを引用し

そんなことする前に、あのつまらないセレモニーを廃止すべく運動した方がいいと思います。私はそれを期待します。あんな下らないセレモニーに参加したくなくて議員になりたくない優秀な人いると思います

ツイート。音喜多さんは翌20日に

堀江さん、ご意見ありがとうございます。まずは自分自身を律した上で、同時に国会(特に本会議)が単なるセレモニーにならないような改善・合理化を提言してまいりたいと存じます。

と引用ツイートを行い、堀江さんは

頑張ってくださいー

と返答していた。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』
音喜多駿議員が施政方針演説での居眠りを謝罪 堀江貴文さん「あのつまらないセレモニーを廃止すべく運動した方がいい」