漫画雑誌「月刊コミックフラッパー」(毎月5日発売)にて好評連載中の『対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~』(著:江島絵理)のアニメ化が早くも決定しました! 本日2021年1月21日発売となるコミックス最新2.巻の帯にて発表。また今回の発表に際し、著者:江島絵理よりコメントも届いております。

『対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~』2.巻帯付き書影

対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~ 』は、江島絵理によるお嬢さま学校を舞台に女子高校生たちが対戦格闘ゲームに熱中する姿を描いた漫画作品です。
庶民ながらお嬢さまに憧れ、黒美女子学院に入学してきた深月綾と、同じ外部生ながら誰よりも気品あふれお嬢さまオーラを放つ白百合さま。そんな接点のないはずのふたりでしたが、ある放課後、綾は白百合さまが誰もいない教室で格闘ゲームIron Senpai4」に熱中している所を目撃してしまい、ひょんなことから対戦することになってしまいます。一度は格闘ゲームを諦めた綾と、それにまぶしいくらい熱中する白百合さま。ふたりの熱い格闘ゲーム対戦の様子が描かれます。

「月刊コミックフラッパー」で連載中の本作は、1.巻発売と同時にPVも公開。コミックス発売以降、お嬢さま×格闘ゲームというギャップに多くの人が熱中している本作が、この度はやくもアニメ化決定となりました!
こちらのアニメ化決定は本日1月21日(木)発売のコミックス第2.巻の帯でも告知されています。
そして今回のアニメ化決定に際し、著者:江島絵理よりイラストカットコメントも到着しております!
アニメに関する最新情報は、今後発売の「月刊コミックフラッパー」誌面などで随時告知していきますので、今後の続報にご期待ください!

なおコミックス最新2.巻では、綾や白百合さま以外にも気品あるお嬢さまたちが次々登場いたします! 彼女たちがどんなふうに格闘ゲームにのめり込んでいくのか、アニメの前にぜひ本日発売のコミックス最新2.巻をご確認ください。
『対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~』江島絵理によるアニメ化決定イラストカット
なんと『対あり』のアニメ化が決まったそうです!
対ありを読んでくださっている皆さまは、「は??」「さすがに早くね?」「最初からアニメ化ありきの企画だったのか?」などの感想を抱いておられるかと思うのですが、私は私で「今回の連載はアニメ化目指すくらいの気持ちで頑張ってみる!」と通話で友人に意気込んだ一カ月後に「アニメ化の話が来てます」と教えていただいたので、第一声は「本当ですか!?」でも「きたぁ!」でもなく、「早くないですか???」になってしまいました。
連載を追ってくださったり、単行本を買ったり、人に勧めたりしてくださった皆さま、そしてこの漫画を描きたいと思わせてくれた格ゲーマーの皆さまに、心より感謝を申し上げつつ引き続きベストを尽くしていく所存ですので、原作の続きもアニメの続報も楽しみにお待ちいただけますと幸いです。

江島絵理
『対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~』2.巻帯付き書影
負けたら退学!? お嬢さま学校で繰り広げられる熱き格闘ゲーム!!

対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~』

著者:江島絵理
定価:
1.巻 本体630円+税
2.巻 本体640円+税
発行:株式会社KADOKAWA

最新2.巻は 本日1月21日(木) 発売!

【作品あらすじ
お嬢さま学校に入学した綾は袋ラーメンを愛する庶民。
そんな彼女は校内一のお嬢さま「白百合さま」に憧れていた。
ある日彼女は、「白百合さま」が対戦格闘ゲームに熱く興じているところを目撃する。
学内で格ゲーをしていることを口止めされた綾だったが、格ゲー特有のタコで経験者だとバレてしまい、
綾は「白百合さま」から対戦を望まれるのであった。
お嬢さまたちの熱き格ゲーの幕開け!

▼作品の試し読みはこちら!
https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF01201642010000_68/

コミックスPVはこちら!
https://youtu.be/Z-jmGmZFEVI
深月綾
深月綾
お嬢さまになりたくて、黒美女子学院に入学してきた庶民女子高生
白百合さま
白百合さま
気品あふれる、みんなの憧れの美人女子高生。しかし実は―ー?
  • 関連サイト
【月刊コミックフラッパー 公式ホームページ】 https://comic-flapper.com/ 
コミックフラッパー 公式Twitter】 https://twitter.com/comic__flapper
【江島絵理 twitter】 https://twitter.com/ejimaeri

配信元企業:株式会社KADOKAWA

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ