憧れの女性、そのバストケアの秘訣は? バラエティ番組やテレビドラマで活躍するフリーアナウンサー田中みな実が、女性向け下着通販のピーチジョンPEACH JOHN)が開催した「2021年ブランドミューズ発表会」に登壇。バストのお手入れ法などを話したほか、早口で原稿を読むチャレンジなどを行った。

2021年バストメイクトレンドに「まるみバスト」を提唱するピーチジョンが今年の顔として選んだのは、多くの女性から支持を集める田中。新ミューズになったことについて田中は「率直にうれしい。私に務まるのかという不安もあるけど、選んでいただいからには大役をまっとうしたい」と意欲をみせた。



ブランドの下着は以前から着用していると言い、「高校生のころ、同級生のみんなも下着に憧れを抱き、当時、教室にあったピーチジョンのカタログをみんなでボロボロになるまで見た」とにっこり。

また、同ブランドの歴史を過去から見直すコーナーでは、それぞれの時代の自身を振り返り社会人になりたての時期に差しかかると「胸がコンプレックスだった」と話した。さらには「新人のころはとにかくバストを小さく見せたかった。ピーチジョンさらしブラをたくさん持っていて、(大きく)見せたくない気持ちがとてもありました」とも。



中学生のころからバストサイズが気になりはじめ、なるべく小さく見せる工夫をしたという田中。しかし局を飛び出し、フリーになってからは気持ちを一転。写真集では自身をさらけ出し「ようやく脱皮できたのかな、という気がしています」と話す。

ミューズ初仕事であるキービジュアルの撮影までには、体づくりを徹底したという。ただ痩せるのではなく、瑞々しさを保つため、食事は水気の多いものを。筋肉をつけすぎず、丸みのあるバストヒップを出せるように心がけたと明かし、「質感にもこだわって全身に化粧水を塗った」と笑った。



イベントでは、ピーチジョンの公式Instagramアカウントに寄せられた田中への質問も紹介。多くはボディーメイクに関するもので「美しいバストはどうすれば手に入る?」との問いに田中は「『おっぱいまでが顔』と言いますが」と笑い「スキンケアの際に(顔から)バストまで一連のケアをします。人間って“一枚皮”だから隅々まで保湿してハリを出す考えのもと、いたわっています」と答えた。

さらに、イベント後半には「まるみ」のPR文章を田中が早口で読む「まるみチャレンジ」も催された。「みな実」にちなみ、制限時間は37秒以内、文字数は373。見事31秒でクリアした田中は「お風呂で原稿がしわくちゃになるまで練習したんです」と破顔した。



最後に田中は、理想の女性像について「元気、ハッピーセクシー……すべてに通ずるのは健康。健康あっての美しさです。自分の体をいたわり、健康であることが大切」と話し「これからピーチジョンランジェリーの素晴らしさをいっそう皆さんに伝えていけたら」と、新ミューズとしての決意を示した。

関連画像キャプション