東京都内で高齢者にひったくりをしたとして今月16日に窃盗の疑いで逮捕された会社員の高見栄治容疑者(52)は、自宅がある三重県から「GoToトラベル」を利用して上京していた。コロナ禍で苦境にあえぐ観光業界を守るために政府が打ち出した肝いりの事業を、犯罪のために悪用したのか――。高見容疑者は容疑を否認しており、警視庁が動機の解明を急いでいる。

現金7700円が入った財布やポーチ、食料品が奪われた

 昨年10月9日午後2時ごろ、東京都足立区の人通りが少ない路上で事件は起きた。狙われたのは買い物帰りの近所の主婦(69)だった。原付きバイクに乗った男が歩いていた主婦に後方から近づくと、追い抜きざまに主婦が右手に持っていた手提げバッグをひったくり、そのまま逃走した。主婦にけがはなかったものの、現金7700円が入った財布やポーチ、食料品が奪われた。

 窃盗事件のエキスパート警視庁捜査第三課」が主導して周辺の防犯カメラを確認したところ、浮上したのが高見容疑者だった。現場の下見をするかのように事件の直前にバイクで走り回り、事件後にバッグを持って走り去るカメラ映像が決め手となった。しかし、逮捕された高見容疑者は「全く知りません。人の物は盗んでいません」と容疑を否認したという。

 なぜ三重県の居住者が、わざわざ東京にまで来てひったくりをしたのか。

GoTo」の割引を使って都内ホテルに宿泊

 捜査三課の調べによると、高見容疑者は10月6日朝に高速バスを使って一人で上京し、事件当日の9日の夜に同じく高速バスで三重に戻っていた。その間は東京都内のホテルに3泊していたが、「GoTo」の割引を使って宿泊予約していたことが判明した。

「電話で予約をした時にホテルの従業員から『GoToを利用した方が安くなる』と勧められた」

 高見容疑者はこう供述したという。

上京した理由、犯行動機など謎が多い

 上京した理由については「ユーチューブアップする動画を撮影しに来た」と説明したが、実際に撮影した形跡はこれまでの捜査で見つかっていない。

 犯行に使った原付きバイクは、上京する3日前に足立区内のレンタルバイク店で予約していたものだ。ある捜査関係者は「犯行の計画性はうかがえる」と語る。一方で、

「上京後すぐにバイクを借り、犯行後に返却するまで、都内各地を走り回っていたのだが、目的は不明。否認しているし、動機なども含めて謎が多い」

 とも打ち明ける。

 送検時に警察署から出る際、報道陣のカメラの存在に気づいて驚いたように一瞬立ち止まり、その後はうつむきながら歩いて捜査車両に乗り込んだ高見容疑者。捜査三課による全容解明が待たれる。

(山本 和樹/Webオリジナル(特集班))

高見栄治容疑者 TBS NEWSより