一都三県に加えて、新たに七府県で「緊急事態宣言」の発令が決まるなど、新型コロナウイルス感染拡大の猛威は一向に止む気配がない。飲食店や旅行業界が受けたダメージはすさまじく、政府は「Go To」などのさまざまなキャンペーンを打ち出して救済にあたっていたが、それもストップしてしまった。

 ただ、彼らは救済の恩恵を少しでも、短期間でも受けられたからマシだ……そう主張するのは、イベントや舞台など、いわゆる「エンタメ業界」で働く人たちだ。彼らは仕事が「激減」あるいは「全くない」状態にある。

コロナで仕事が激減、コンビニアルバイトを始めた

 神奈川県在住の細田一樹さん(仮名・50代)は、十数年前に大手広告代理店を辞め、イベントプロデューサーとして独立、会社を立ち上げた。現在はディレクターアシスタントなど数名が所属する小さな会社も経営しているが、昨年3月以降、請けた仕事は2件のみ。

オリンピック関連の特需もあり、この数年は本当に仕事が多かった。社員も増やし、2020年をきっかけにして、事業の拡大をしようと思っていた矢先のコロナです」(細田さん)

 ここ2~3年の好調で、わずかながらではあるが会社としての貯蓄もあったことが不幸中の幸いだった。社員には、Webライターの仕事をしてもらうなどし、解雇することなくなんとか通常時の給与の半額程度を支払い続けているというが、自身の給与は「ゼロ」

 家族を養っていく必要があるため、知人が店長を務める店に頼んで人生で初めて「コンビニバイト」を始めたという。

◆部下を叱る立場から一転「子どもより年下の大学生に怒鳴られる」

「大学時代もクラブスタッフアルバイトでしたので、仕事に全く慣れません。時給は1000円です。子どもよりも年下の大学生に怒鳴られながら、最近やっと品出しができるようになりました。レジの使い方がいまだにわからず、最近はPayPayとかSuicaとか、いろんな支払い方法があるからよくわからなくて。

 いまの私の心の拠り所は、パートおばさん。控え室にいると、コーヒーを淹れてくれたり、みかんくれたり。自分の会社では部下に対して『なぜできないんだ』と叱る立場でしたが、これからは優しくしようと思いました」(同)

◆配達員を始めて「世界が広がった」舞台脚本家

 東京都在住の舞台脚本家・家原雄平さん(仮名・40代)も、コロナ禍で仕事が「全くない」状態になった。年間50本以上請け負っていた舞台は軒並み中止。一部はネット配信による「リモート興行」となったが、こちらはスタッフの持ち出しで行われたため、実質マイナスに。

「お恥ずかしい話、一人暮らしで貯蓄もなく、明日食べるものにも困るような有り様。即金のアルバイトを探していたところ、テレビでやっていた“配達員”の仕事が目に止まりやってみたんです」(家原さん、以下同)

 コロナ禍で注目されているのがUber Eatsなどの「フードデリバリーサービス」。レストラン居酒屋などの店に行くことなく自宅で飲食を楽しめることから利用者が拡大しているが、その配達員のアルバイトスマホアプリを使って開始した。

「長年乗っていなかった錆びついたママチャリを使って始めたんですが、初日は3時間やって2件を配達し、700円ぐらいしか稼げませんでした。お尻は痛いし足はつるし。届けた商品の料理がぐちゃぐちゃだと、客から文句も言われて。心が折れて辞めようと思いました」

 そして、2~3日間は自宅で絶望していたというが、いよいよ冷蔵庫の中身も底をつき、再び配達に出た家原さん

「座して死ぬより動こうと一念発起。最初はキツかったですが、慣れると運動みたいにやれる。長年デスクワーク一本でしたから、動くことの爽快感が新鮮で」

 今では複数のフードデリバリーサービスに登録し、月に25万円程度をコンスタントに稼ぎ出すようになったという。

コロナがなければやっていなかった仕事。世界が広がった感じはありますし、脚本の題材にもなるんじゃないかと」

 絶対にやるはずがなかった仕事を経験している、と話すエンタメ関係者は他にもいる。

◆司会業からデイサービスの仕事に「コロナ後に生かしたい」

 この道30年、イベントの司会一本で食べてきたという司会業・坂本ナミさん(仮名・50代)。

プロ野球関連の会見から結婚式まで、年間に150本以上の仕事がありましたが、昨年は30本近くまで落ち込みました。今後も復活する見込みがなく、デイサービスでヘルパーの仕事を始めました」(坂本さん)

 介護士やサービス介助士の資格がないため、坂本さんができることといえば、車の送迎や清掃など。時給は950円と、司会をやっていたときの5分の1以下。慣れてくると、食事の手伝いやおむつ替えなど、精神的にキツい仕事も回ってきた。

 それでも、新たな光を見出した、と話す。

「活気あふれる現場しか経験したことがなく、ご老人とこれほど多く接したのも初めて。仕事は本当にキツく、収入も満足ではありません。でも、今後の高齢化社会を考えれば、イベントだってご老人向けのものが増えるはずですよね。今のうちにおじいちゃんおばあちゃんとの接し方を勉強して、コロナ後イベント司会に生かそうと思っています」(同)

 本業の仕事が無くなりはしたが「今は研修期間」と話し、精一杯に生きる三人の逞しさ。アフターコロナエンタメ業界は、以前にも増して「厚み」のある世界になるに違いない。<取材・文/森原ドンタコス