バイデン政権が発足したというのに、依然として話題はトランプ大統領の方に引きずられがちである。毎朝4年間、Twitterを開いては@realDonaldTrumpをチェックすることが日課になっていた人の中には、トランプサポーターではないにしても、ある種の「トランプ・ロス」に陥っている人が少なくないのではないか。

ローズベルト級」の課題に直面するバイデン政権

 トランプサポーターたちが「MAGA(Make America Great Again)」と連呼しながら連邦議会を占拠してからちょうど2週間。ワシントンではその後も厳戒態勢が続いている。バイデン政権はこうした不穏な雰囲気の中で発足した。アメリカを「おぞましい状態(American carnage)」に追いやったアメリカン・エスタブリッシュメントを告発し、「アメリカファースト」を訴えた4年前の就任演説と比べると、バイデンの就任演説は良くも悪くも型通りだった。大統領としていうべきことを普通に述べた感じだ。

 バイデンが直面する課題は「ローズベルト級」だとよくいわれる。それは、1933年に第32代大統領ローズベルトが就任時に直面した問題に比肩するような大問題にバイデンも直面しているということだ。

 1933年に大統領に就任したローズベルトは、世界大恐慌、第二次大戦、さらに第二次大戦後をみすえた国際システムの構築に取り組まざるをえなかった。バイデンも、コロナ危機(そして、コロナ不況)、人種問題、地政学的な挑戦、アメリカの国際主義の立て直し、そして「分断がいくところまでいってしまった」感のあるアメリカ政治そのものの修復など、その課題はあまりに重い。まさにローズベルト級の政治手腕が要求されている。

バイデンは「偉大な大統領」になれるのか

 ある大統領が偉大な大統領と見做されるためには、単にその大統領の政治手腕が優れているというだけでは十分ではない。すぐれた政治手腕が発揮される歴史的状況があってこそ、偉大な大統領と見做されるというわけだ。ローズベルトはその意味で、偉大な大統領の要件を満たしている。戦後の偉大な大統領としては、他にケネディやレーガンが挙げられるだろう。

 さて、それこそローズベルト級ともいわれる問題群に直面するバイデンだが、誰もバイデンのことをローズベルト級の大統領であると期待している人はいないだろう。JFK級でも、レーガン級でもない。

 やや乱暴な言い方になるが、バイデンは「消去法」で選ばれた感のある大統領だとの印象は拭えない。それは、2019年から20年にかけて実施された民主党の予備選挙を振り返れば明らかだ。これまで「バイデン熱気」といったものは、予備選、本選を通じても一切なかった。

バイデンが「歴史的得票数」を獲得した意味

 大統領選挙の結果にいたっても、8100万票という歴史的な得票数であったにもかかわらず、トランプが7400万票の支持を得たことの方にむしろ注目が集まっている。

 しかし、下院で民主党は議席数を減らし、上院では最終的には多数党の地位を奪い返したものの期待したほどには議席数を伸ばせなかった(=民主党自体が大勝したわけではない)にもかかわらず、史上2位の得票数に達したトランプと700万票の差をつけて勝ったことの意味を見落としてはいないか。

アメリカ人は「何を選んだのか」

 今回の選挙でわかりにくかったのは、なにをアメリカ人が選んだかという点である。たしかに「熱狂度」では常にトランプが優っていた。しかし、仮にアメリカが「普通であること」を新しい大統領に期待していたのだと仮定すると、バイデンの勝利の意味がよりはっきりと見えてくる。

 仮に本当にアメリカが「普通であること」を大統領に求めていたのだとすると、実は期せずして民主党は最強の候補を選んでいたということになる。「普通」というのが、あまりにも曖昧であるならば、それを「decency(良識)」と言い換えてもいいだろう。

「普通であること」は定義上、熱狂的支持とは無縁だろう。であるがゆえに、選挙中はバイデンの「平板さ」が際立ち、どうもパッとしない候補という印象が定着してしまった。しかし、それこそが彼の強みだったという見方もありうる。

 後知恵にはなってしまうが、仮に民主党大統領候補としてバーニー・サンダースを選んでいたら、トランプサンダースを自分のリングに引き込み、我流の勝負を展開していただろう。しかし、トランプバイデン相手には最後までそれができなかった。潰そうにも平板すぎてつぶしどころがない、それがバイデンだった。

「もう終わった男」が集める期待

 そんなバイデン大統領に就任した。年齢のこともあり、とりあえず4年というタイムフレームで政権運営を考えているだろう。

 若干厳しい言い方をすれば、バイデンの歴史的役割はもう終わっている。

 それは、バイデンという政治家レガシーが、1973年以来の上院議員としての仕事でも、8年間のオバマ政権の副大統領としてでも、また第46代大統領としてでもなく、まさに2020年大統領選挙において、アメリカン・デモクラシーへの実存的脅威であったトランプを退けたことだからだ。

 しかし、バイデンになにも期待できないかといえば、実はそうではない。その期待の核心にあるのは、バイデンがなによりも「政治好き」だということである。

 バイデン1972年の議会選挙でわずか29歳で上院議員に当選、以来2009年に副大統領に就任するまで、政治一筋で生きてきた。その間、大統領選挙に2度出馬している。今回は3度目のチャレンジだった。副大統領として8年を勤め上げた後、もう引退だろうと思いきや、76歳にして大統領を目指すと決断する。こうしたキャリアを自ら選択してきた人が「政治嫌い」なわけはない。

オバマトランプ…2人の「バイデンと決定的に違う」共通点

 実は、オバマトランプというまったく異なるタイプ大統領の数少ない共通点は、両人とも「政治嫌い」だったことだ。

 オバマは、「あるべき世界」について語り、アメリカが歩むべき方向性を提示することには長けていたが、実際にその歩んでいく道を舗装したり、そのために予算を確保したりする「政治」にはあまり強い関心を持たなかった。

 トランプは、政治が「トランプショー」である限りにおいては、強い関心を寄せたが、スポットライトが消えると一切関心を失った。政策への関心もほぼないといっていい。

 この二人とバイデンを比較すると、バイデン明らかに「政治好き」だ。それはバイデンが古き良き上院の文化の中で政治家として育ってきたこととも無関係ではない。

近年失われ続けた「退屈な政治」

 バイデンにとって、政治とは意見を異にする相手と話し合い、妥協点を模索し、譲歩し、そして最終的に合意するという行為である。それは、自らの考えを貫徹させようとする態度とは対極にあるものだ。

 近年の政治においては、明らかに後者、つまり自分の原理を貫き通すことが評価されがちだ。政治が二極化し、分断が深くなっていけばいくほど、その傾向が強くなる。「譲歩しない」という態度が、政治家としての強みとみなされる。

 しかし、バイデンにとって政治とは、すべての問題を解決する解を見つけることではなく、妥協や譲歩を積み重ねながら、問題を部分的に解決し、9歩後退はするけど、すくなくとも10歩は前進する、おそらくそのようなイメージだ。

 いいかえれば、バイデン政権下では、すべての問題が解決する解が提示されるのではなく、いわば政治の「ドラマ性」が奪われ、政治が退屈なものになっていく。しかし、元来政治とはそういうものではないか。政治空間においては、そもそもあらゆる問題が解決されるわけではないし、そもそもそうしたものが目標として設定されるべきではない。

 しかし、過去12年、オバマ政権とトランプ政権下においては、政治が過剰に劇場化し、その結果、人々が全人格的にそこに自らを投入し、本来の政治のかたちをかなり歪めてしまった。

 つまり、バイデンにできることがあるとしたら、それは政治をもう一度「退屈」なものにして、会話ができる状態を作りだすことではないか。この役割は、オバマにもトランプにも絶対に担えない。それは、いまこの瞬間にはバイデンしかできないことだ。

バイデンに求められたのは「トランプを葬り去ること」ではない

 おそらくアメリカ人がバイデンに求めたのは、トランプを糾弾して政治的に葬り去ることではない。それは、また新たな政治的憎悪のサイクルを生むだけである。むしろ、アメリカバイデンに求めたのは、普通であることを復権させること、そしてそのことに対する強い支持が、バイデンの勝利の背景にあると考えた方が、「バイデンという選択」の意味がよく見えてくるのではないか。

 バイデンのボスのオバマは、アメリカを統合するとの大きな政治的野心をもって、ホワイトハウスに乗り込んだ。しかし、オバマへの反応は、大きな政治的分断を生み出し、そこからトランプ主義が発生した。オバマは、2004年民主党全国大会で掲げた「ひとつのアメリカ」を実現するという点においては、完全に頓挫している。

 そのオバマの下で副大統領をつとめたバイデンが、仮に政治をもう一度退屈なものにして、合意できることに関して合意し、対立点を先送りしつつ、少しでもその合意の幅を大きくしていくことができれば、それはアメリカにおける政治のあり方が、少しずつではあるが、変わっていけることの兆候とみなされるかもしれない。

 これができれば、78歳にして熱狂度ゼロで国民に選ばれたバイデンは、期せずして歴史に痕跡を残す、いまこの時代に必要不可欠大統領として記憶されることになるかもしれない。

 その可能性は決して高くはない。時間も2022年の中間選挙までしかない。その後は2024年に向けた力学が動き出す。しかも、1年目はコロナ対策にかかりっきりにならざるをえないだろう。制約については、すでに色々な場所で論じられている。

 しかし、政権発足だからこそ、バイデンの「可能性」に目を向けることに意味があるのではないだろうか。

(中山 俊宏)

米連邦議会議事堂で1月20日に行われたバイデン氏の第46代大統領就任式