フランク・ランパード 写真提供: Gettyimages

 チェルシーフランク・ランパード監督は解任の危機に瀕しているようだ。21日、『スカイスポーツ』が報じている。

 チェルシーは20日、プレミアリーグレスター・シティと対戦。アウェーの地で2-0で敗北を喫した。この1戦でシーズン6敗目を喫したチェルシーは暫定8位に位置。同メディアは打開策を早急に見つけることができない限り、ランパード監督は解任されるだろうとしている。

 また、同メディアは続けてマッシミリアーノ・アッレグリ氏とトーマス・トゥヘル氏を後任候補として紹介。アッレグリ氏はユベントスでの監督解任以降、英語の学習を進めるなど、プレミアリーグ挑戦に前向きな姿勢を示しているとされており、トゥヘル監督はドイツ代表FWティモ・ベルナーやカイ・ハフェルツの才能を存分に開花させることができると期待されている。そのため同メディアチェルシーがオファーを提出すれば両者とも興味を示すだろうとしている。

 昨夏の移籍市場でベルナーやハフェルツ、モロッコ代表MFハキム・ツィエクなど複数の積極的補強を行ったチェルシー。今月中には難敵ウルバーハンプトン・ワンダラーズバーンリーとのプレミアリーグでの対戦を控えている。はたして同クラブは復調のために監督交代というカードを切ることになるのだろうか。