杉野遥亮主演ドラマ「東京怪奇酒」(毎週金曜夜0:52-1:23、テレビ東京ほか)のオープニングテーマが“酸欠少女”さユりの「かみさま」に決定した。同曲は、えぐるようなロックサウンドにのせて、危険と知りつつも引かれてしまう存在への感情を表現。また、“怪奇酒体験”に対する杉野や、視聴者好奇心にもリンクする“心欲ソング”に仕上がっている。

【写真を見る】ホラーが苦手な杉野遥亮が怪奇酒を体験する…

「東京怪奇酒」は、原作者・清野とおるが知人から心霊話を聞き、そのスポットに出向き飲酒する実体験を描いた漫画をドラマ化した作品。

ホラーが苦手な杉野が本人役で出演し、原作と同じように毎話さまざまなゲストから心霊話を聞き、怪奇酒を体験する。

今回オープニングテーマの決定に際し、さユりからコメントが到着した。

さユりコメント

今回、ドラマ「東京怪奇酒」のオープニングテーマを担当することができて光栄です。

私自身怪談が好きで昔から幽霊を見てみたいと公言しているのですが、いまだその希望はかなっておりません。怪談を募り自らその現場まで足を運ぶというのは刺激的で好奇心をくすぐられます。

”かみさま“という曲は危険だと分かりながらも欲におぼれてく、そんな人の心についての曲です。東京怪奇酒と共に楽しんでいただけたらうれしいです。

ドラマ「東京怪奇酒」のオープニングテーマを担当する“酸欠少女”さユり