「とにかく税金が高い」と不満の声

「とにかく税金が高い」と不満の声

世帯年収1000万円超といえば、高級外車を複数台所有、都内のタワーマンション在住、ブランド品……というイメージがつきものだろう。しかしその実態は、想像よりも厳しいものだ。(文:中島雄太)

「毎月多額の税金天引きがあるので、給与明細を見るのが嫌になります」

コンサルタントとして働く埼玉県の40代男性(年収1500万円)は妻と子ども3人(大学生高校生小学生)の4人暮らしだ。「洋服とスニーカーが好きなので、夫婦でよく買い物をします。子どもたちと外食も頻繁に行くことができ、充実しています」と何の不自由もなく見えるが、

「とにかく税金が高いです。毎月多額の税金天引きがあるので、給与明細を見るのが嫌になります」

と不満をもらす。男性は家計のやりくりについて「基本的には現金を使わず、ローンを組んで購入。低金利なので、一度に大金を払う必要はないと思っています。毎月コツコツ返済しながら欲しい物を手に入れるようにしています」と語った。

ほかにも世帯年収1000万円超の生活を紹介する。奈良県に住む公務員の30代女性も高い税金に頭を抱える1人だ。「毎月の税金が高すぎ、保育料の高さも気になります。同じ保育内容なのに、収入によって何万円も差があることに納得できない」と不満を募らせる。一方で、「自由に使えるお金が専業主婦やパートよりも多いところには満足している」と口にしている。

同じく世帯年収1000万円超のメーカーに勤務する愛知県の50代男性は「確定申告や予定納税のときに『何でこんなにも金を取られるんだ』と感じる」と憤るが、「『国がよくなればいいか』という気持ちもある」と打ち明ける。住まいについては、購入したマンションを転勤で売却した経験から「もう一生賃貸でもいいかな」と考えを明かした。

「必要なものを取捨選択し、貯金や投資にまわしている」

現在の収入に不満を抱える人がいる一方で、高い満足感を示す人もいる。ITエンジニア神奈川県の40代男性は、妻と子どもの4人暮らし。

「持ち家は買わず、駅近の賃貸マンションを借り、車は所有しない、携帯も格安スマホなど、必要なものを取捨選択すれば収入の半分は貯金や投資に回せる」

と述べる。男性は「外食も週に2回程度できており、不満らしい不満もない。いかに無駄な出費をなくし、貯金や投資に回せるかが大事なことだと思う」と持論を展開する。

医療従事者の千葉県の40代女性は、非常勤勤務で年収200万円だが、夫婦合わせて世帯年収は1000万円を超える。

子どもは2人います。高校受験を来年に控える長女は小学6年生から進学塾に通い、次女は英語・スイミング・書道を習っています。年2回の家族旅行で夏はキャンプ、冬はスキーを楽しみ、家族仲良く暮らしています」

と充実した生活を送っている。女性は「不満といえば、子どもたちの習い事の送迎が毎日忙しいくらい。出費にメリハリをつけているので、生活の満足度は非常に高いです」とコメントしている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収400~600万円の実情「昼食はカップ麺。毎月カツカツ」
年収350万円のアラフォー女性「職場で若手とユニクロ服が丸かぶり。『その年で安物しか着れない』とショックを受けてた」

世帯年収1000万~1200円でも節約必須? 「携帯は格安スマホ、車は所有しない。家は賃貸」という40代男性