「一切仕事を教えてもらえない」という人も

「一切仕事を教えてもらえない」という人も

職場のモラルハラスメント(以下モラハラ)に悩む社員は多い。言葉や態度で苦痛を与えるモラハラは、相手を精神的に追い詰める。企業口コミサイト「キャリコネ」には、モラハラの横行する職場で働いたことがある人々から体験談が寄せられている。(文:コティマム)

上司からモラハラ「再起不能になります。私は一生働けない体になりました」

「とにかくワンマンです。給与も社長の気分次第。悪天候での公共交通機関遅延による遅刻も、社長の気分で1000円2000円と減額されます。産休、育休などもなく、馬車馬のように働くことが美化されていました。セクハラモラハラは酷いとしか言いようがなく、女性の身体を触る、人をバカにするなども日常茶飯事拒否すると人格否定されます」(その他/30代前半/女性/正社員/年収200万円)
パワハラモラハラが横行している。出身に偏りがありすぎて、田舎者の集まりである。噂や陰口が大好き。標的になれば無視されて一切仕事を教えてもらえない。上司からパワハラモラハラを受け頭がおかしくなり、再起不能になります。私は一生働けない体になりました。責任を取ってもらいたいです。法的処置に動いています」(法務/30代後半/男性/契約社員/年収470万円)

上司の気分によって給料が下げられる、人をバカにする発言や無視があるなど、モラハラ日常茶飯事の職場では労働意欲も下がってしまう。モラハラストレスで心身に不調が表れるようなら、転職も視野に入れた方がいいのかもしれない。

「B型は自分勝手でチームプレイができない」

編集職の20代男性(契約社員/年収250万円)は、ワンマン社長のすさまじいモラハラぶりを明かす。

「何をするにも必ず社長の許可が必要で。裁量権は社長にしかありません。『必ず俺に聞け。勝手な事はするな。言われた事だけやればいいんだ』と常々口にしている。その一方で『少しは自分で考えろ。頭を使え。俺は忙しいんだから』というダブルスタンダードを地で行く発言。社員やアルバイトは常にストレスを抱えます。営業で大きな仕事を落とそうものなら、社長に言われた通りにやったにもかかわらず、『お前のせいで落とした。責任取れるのか』と激怒され、ミスは全て部下の責任に」

とにかく自分の思い通りに部下を動かしたい社長。振り回される社員のストレスは相当なものだろう。また職場はいまだに手書きメモを使用するなどアナログ環境で、作業効率も最悪だという。もし効率化のために個人で改善を試みれば、社長からの激しい罵倒が待っている。

「『なに無駄な事してんだ。お前のやる事なんて俺がやる事に比べたらダメに決まってんだから、俺がやれって言った事をやればいいんだよ。お前が俺以上に頭いい訳ないだろ』と罵倒までされる始末。とにかく発言の一々が品性に欠けており、『童貞に営業なんて無理』『あの子は顔つきがヤンキー』『B型は自分勝手でチームプレイができない』『女は営業が楽でいい』等々、セクハラモラハラ大盤振る舞いです」

さらに気にくわない従業員は、周りまで巻き込んで徹底的に追い込む陰湿さだ。

「その人の悪口を言って盛り上がる為に昼食を一緒にさせられたり、会議室を使ったり。この環境に耐えきれず、アルバイトも社員もすぐに辞めてしまうので、定着率がとてもとても悪いです」

聞いただけでゾッとする職場。こんなモラハラ社長と一緒に働いていれば、あっという間に精神を病んでしまうだろう。心と体を壊す前に、さっさと辞めてしまうのが賢い選択かもしれない。

【参照元:キャリコネ】

ワンマン社長の最悪すぎるセクハラ発言「童貞に営業なんて無理。女は営業が楽でいい」