お酒の飲みすぎで醜態を晒してしまうのは、どうやら世界共通のようだ。このほどイギリスの会社が「二日酔い写真コンテスト」を開催し、応募者から届いた写真の数々に多くの笑いや「若い時こんな感じだったな」と懐かしむ声が寄せられている。『LADbible』などが伝えた。

ロンドンに本社を置く会社「Survivor Life Limited」は、“サバイバーSurvivor)”という二日酔いを軽減させる栄養補助食品を販売している。このたび同社は「イギリスで最悪な二日酔いの人(UK’s Most Outrageous Hungover Resident)」を募集するコンテストを開催した。

このコンテストでは、二日酔いで醜態を晒した写真を募集した。応募条件はイギリス在住で、自身または友人の写真でも応募可能だった。1~3位に選ばれた人には、順に1年分335ポンド(約47,000円)、半年分168ポンド(約23,000円)、2か月分84ポンド(約12,000円)の“サバイバー”が贈られるという。

約2千点の応募作品の中、優勝したのはニールさん(Neil)が撮影した妻の姿だ。「マザーテレサMother Teresa)」とタイトルが付けられた写真には、ベッドシーツを頭からかぶり、トイレの前に座り込む女性の姿が写っている。手にはなぜか歯ブラシが握られており、隣には水の入ったボトルも確認できる。

どのくらい飲んだのかは明かされていないが、ニールさんは「これはイタリアローマで地元の人たちと飲んだ翌朝に、この状態の妻を発見したんだ」とコメントした。

2位に選ばれたのはアーサーさん(Arthur)の作品だ。写真にはたくさんの空ボトルが並ぶテーブルの横でゾウのつなぎのようなものを着たアーサーさんが、床にうつ伏せで寝ている。床にもお酒のボトルが転がっており、アーサーさんは自身のこの姿に「記憶は無いんだ」と二日酔いお決まりのコメントをしている。

そして3位を受賞したのは、ナタリーさん(Natalie)の写真だ。写真にはアメリカビール“バドワイザー(Budweiser)”の箱を抱え、その中に頭を突っ込んでいるナタリーさんの姿が写っている。ナタリーさんは自身の物とみられるバッグや、パンパンに荷物が入ったビニール袋を持っている。さらに小型の扇風機が転がっており、ナタリーさんがそのコードを持っていた。二日酔いによって引き起こされた状態に理由を求めるのは野暮だろうが、ここに至るまでの背景が気になる1枚だ。ナタリーさんは「私はいつも扇風機の横で寝ているんです。これは最悪の二日酔いで友人の家に置いて行かれた時の私です」と明かしている。

同社の共同創設者の1人、ローレンスカードウェルさん(Laurence Cardwell)は「予想以上の応募数に驚きました。たくさんの作品を見るのは面白かったですし、こんなに多くの人が二日酔いを経験して、それを写真に収めようと思っていたことも信じられなかったですね」と感想を述べた。

この写真を見た人々からは「若い時、自分もこんな状態だったのを思い出したよ」「私の写真がここに載っていなくて本当によかった」などのコメントが寄せられている。

画像は『LADbible 2021年1月20日付「Winners Of The UK’s Most Outrageous Hangover Competition Have Been Announced」(Credit: Jam Press)』『The Sun 2021年1月20日付「THE HUNGOVER GAMES Hilarious snaps from hangover competition reveal regretful drinkers’ worst moments & winner is a vomiting ‘nun’」(Credit: Jam Press)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト