【この記事の動画を見る】

飼い主が亡くなった後も、駅で帰りを待ち続けた忠犬ハチ公はあまりにも有名な話だが、このたびトルコ北部から入院した飼い主を病院の外でじっと待つ1頭の犬の話題が届いた。健気な飼い犬ニュースを『FOX 2 St. Louis』『TODAY』などが伝えた。

トルコ黒海沿岸の都市トラブゾンに住むジェマル・シェンテュルクさん(Cemal Senturk、68)は今から9年前、ビーズを意味する“ボンジュク”というメス犬を自宅に迎え入れて大切に育ててきた。

今月14日のこと、ジェマルさんは脳の血栓が血管を詰まらせる「脳血栓」を起こし、地元の病院に救急車で搬送された。すると一緒にいたボンジュクが驚くような行動をとった。

ボンジュクはジェマルさんの救急車の後を追って病院まで駆けつけると、その日一日を病院の前で過ごし、その後毎日やってきては飼い主の帰りを待ったのだ。

幸いなことにジェマルさんの入院は6日で済んだのだが、病院の警備員ムハメト・アクデニズさん(Muhammet Akdeniz)は当時のことをこう振り返っている。

「ボンジュクは毎朝9時にやって来ると、暗くなるまで病院の外にいました。病院のドアが開くと頭を突き出して覗き込んでいましたが、決して中には入らなかったのです。」

またジェマルさんの娘アイヌール・エゲリさん(Aynur Egeli)は、父とボンジュクとの強い絆について『Daily Sabah』に次のように語った。

「ボンジュクは、私たちが何度家に連れて帰ってもすぐに病院に戻っていきました。父に可愛がってもらっていたボンジュクは、病院にいる父のそばにいることで忠誠心を示したかったのでしょうね。」

なおジェマルさんは20日に退院しており、外で待っていたボンジュクと喜びの再会を果たしている。この時の様子は動画に捉えられており、車椅子に乗ったジェマルさんが病院の玄関から出てくると、ボンジュクはその周りを嬉しそうに飛び跳ねた。

こうしてボンジュクと6日ぶりに会ったジェマルさんは退院後、こんなコメントを残している。

「入院中はボンジュクと会えなくて寂しかったよ。病院の窓からボンジュクが見えてね。時々ボンジュクの名前を呼ぶと、私に聞こえるように吠えていたよ。大切にして育てていたからね。犬は愛情ってものがわかるんだよ。」

画像は『TODAY 2021年1月22日付「‘She comes every day:’ Dog follows ambulance to hospital, waits for owner」(AP)』『WGNTV.com 2021年1月21日付「Dog spent days outside Turkish hospital waiting for sick owner」(AP)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト