タレントゆきぽよ(24歳)が1月23日、「週刊文春」で報じられた、親密男性がコカインで逮捕・強制捜査を受けた件について謝罪のコメントを発表した。

21日に発売された「週刊文春」に掲載された、「ゆきぽよ自宅で親密男性がコカイン逮捕 直撃40分『尿検査され写真を…』」によると、一昨年、ゆきぽよの自宅で、親密にしていた男性がコカインを使用して倒れ、逮捕されたという。ゆきぽよも結果は“シロ”だったものの、その際に尿検査や家宅捜査を受けたと伝えられている。

この報道を受け、所属事務所1月23日、公式サイトに「弊社所属 木村有希(ゆきぽよ)に関するご報告」との文書を掲載。「はじめに、今回の一部報道により日頃から応援してくださっているファンの皆様、ならびにいつもご支援くださっている関係者の皆様にご心配とご迷惑をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪した上で、「この度の報道を受けまして、本人へ確認をしましたところ 本人が報道関係者の方へお答えしている通りの事実であることが確認できました」とコメント

そして「本人もこれまでの自身の人間関係はじめ、テレビ等に出演させていただいた際の軽はずみな言動により 多くの方々を不快にさせてしまったことを、深く反省しております」とし、ゆきぽよ本人の謝罪コメントも掲載した。全文は次の通り。

※※※ ※※※ ※※※

木村有希からのご報告

いつも応援していただき、ありがとうございます

今回の報道にて、自分のこれまでの人間関係や過去の言動により多くの方々に、ご迷惑、ご心配をかけてしまったことを深く反省しています。
ファンの皆様、関係者の皆様、大変申し訳ございませんでした。

今後は、過去の未熟な自分を見つめ直し、責任ある社会人となるよう日々頑張っていきたいと思いますので今後とも応援よろしくお願いいたします。

2021/1/23
木村有希