2021年1月、イギリスの「ナショナルジオグラフィック」の選んだ、世界9大「二日酔いに効く料理」に、韓国全州のコンナムクッパ(豆もやしスープご飯)が登場した。

…いくら払ったのだろう。

 韓国の酒文化はヘジャングフ(酔い覚ましスープ)という新しい料理ジャンルが誕生するほど、世界的に定着しつつある。刻んだ葱、トウガラシなどを入れた豆もやしクッパは、まだ二日酔いが残る朝に食べるに値する人気のある料理だ」と絶賛されている。

…いくら払ったのだろう。 …普通は、10大ではないのか。9大って中途半端ではないか。

 この他に選ばれたのは、向かい酒なのかカナダのブラッディマリー(トマトジュースを入れたウォッカカクテル)…すでにお酒で、二日酔いの時の食べ物ではない。

 イタリアミッドナイトスパゲティ(夜遅く食べるパスタ)…だったら、日本の〆のラーメンラーメン食べた後のソフトクリームの立場がないではないか。

 選ぶ基準がどうも、「いくら払ったのか」状態になっている気がするのは、筆者だけだろうか。多くの人の間に邪推が広がっている。

 豆もやしクッパには、小エビの塩辛やキムチ、イカの塩辛という付け合わせもついていると言う。朝から塩分取り過ぎ。高血圧な食べ物だ…。

 二日酔いに苦しむ旅行者には、これを食べることによって、酔い覚ましになるし、元気が回復する、らしい。

 二日酔いの朝は、とてもあっさりとしたもの。番茶に焼いた梅干しいれたものとかね。漢方由来といった根拠のある、日本の食べ物は入っていない。きっと、お金を払っていないから。

韓国キッチンカーのイメージ