本部長マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。2020年12月28日(月)の放送では、会議テーマ「人生のギャンブル案件〜あの行動は賭けでした!〜」と題し、全国のリスナー社員からメッセージを募りました。数多く寄せられたエピソードのなかから、その一部を紹介します。


※写真はイメージです


引きこもりのあいだに…
私は「高校を中退したこと」がギャンブルでした。当時、学校もずっと不登校で引きこもっていたのですが、そのあいだに絵という趣味ができました。“好きなことなら全力で頑張れる!”と親を説得して、高2で中退し、大検で資格を取得。絵の知識が何もなかったため、半年間、絵が学べる予備校で猛勉強をして、無事に美大に合格できました! 今の仕事もその延長でやれています!(埼玉県 32歳 男性)

◆優勝したくて…
私がギャンブル的なことをしたのは、「髪の毛を刈り上げにした」ことです。

コロナがまだ流行する前、私は社交ダンスの試合に出場しました。その試合でどうしても優勝したいと思い、踊りはもちろんですが、見た目も誰よりも目立つようにしたいと考えました。

社交ダンスを踊るとき、多くの女性はバレリーナのように長髪をお団子で1つにまとめるのですが、私は誰ともかぶらずに目立つ髪型にしたいと思い、信用している美容師さんに相談に乗ってもらいました。その結果、「長さをかなり短くして、後頭部の髪の毛を刈り上げにしてカッコ良くしよう!」ということになりました。

そのときは、“自分に似合うのかもわからないし、男の人っぽくなってしまうんじゃないか”と思ってドキドキしていましたが、バリカンガッツリ刈り上げてもらい、頭の形を生かした唯一無二のショートヘアにしてもらって、大満足の出来に! “この髪型に出会うために、私は生きてきたのかもしれない!”と思えるほどの気持ちになり、おかげで試合でも優勝することができました!

バリカンを使ったこともなく不安な気持ちでいましたが、思い切った髪型にして本当によかったです!!(東京都 29歳 女性)

◆面接の当日に…
私の賭けだった経験は「採用面接をドタキャンした」ことです。

当時、正社員として働いていて、深夜1時頃に仕事が終わって仮眠を取った後、朝10時から転職の面接を受ける予定でした。ですが、途中で目が覚め、熱を測ると38度台の発熱が……。このまま面接に行くわけにもいかず、朝4時ごろに面接キャンセルのお願いと、もう1度チャンスが欲しいとのメールをしました。

その後、採用担当から「1週間後ならもう1度だけ面接する機会を設けることができます」連絡がきました! それでも、“絶対に落とされる”と思いながら面接に臨んだところ、無事に採用が決定しました! あのときの採用担当の方には、とても感謝しています(埼玉県 25歳 女性)

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月曜~木曜17:00~19:48
パーソナリティ本部長マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/sky/
高校を中退、採用面接をドタキャン…人生最大の“賭けにでた行動”