今回紹介したいのは、UMIKAZEさんが投稿した『紙でボブ・センプル戦車を作る』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

ニュージーランド初の国産戦車『ボブ・センプル戦車』を作りました。5月にTwitterアンケートを取って、3面図を描いたっきり長らく放置しておりましたが、 12月に入ってようやく制作にこぎつけました。単純で作りやすそうな見た目をしていますが、以外と複雑な部分もありました。トタンみたいな装甲が地味に難しかったです(^▽^)


 ニュージーランド初の国産戦車「ボブ・センプル戦車」を、投稿者のUMIKAZEさんが紙で作ります。

 ボブ・センプル戦車は日本軍の侵攻に備えて開発され、トラクターを改造して作られました。試作1号車は性能が低いと軍から受け取り拒否をされ、試作2号車まで完成したものの、イギリスの戦車が来たからと試作の2両はトラクターに戻されたという逸話付きの戦車です。

 まずは簡単な設計図を描きました。

 続いて紙を必要なサイズカットして、車体の骨組みを作ります。

 車体に穴を開けて、砲塔作り。

 骨組みが出来ました。

 次は細く切った紙を丸めて足回りを作ります。

 直径2mmの紙を半円に切って、重ねて貼り付けます。右側が貼り付けたものです。

 黒と灰色の紙でキャタピラも作りました。

 特徴的な装甲は1mm間隔でギザギザに折った紙を使います。

 ディテールを施して「ボブ・センプル戦車」の完成です!

 サイズは3cm×3cm×2.6cm。総制作時間は約21時間です。

 小さいながらもディテールが見事なこちらの戦車。砲塔はしっかりと回ります。

視聴者コメント

・おーボブ センプルだ
・結構小さくてびっくりした
・転輪が細かい...!!
ロマン
かわいい

▼動画はこちらから視聴できます

紙でボブ・センプル戦車を作る

―あわせて読みたい―

紙で特攻機「桜花11型&22型」を制作…“全長4cm”のミニチュアサイズで完成し「ちっちゃいのにかっこいい!」の声

これが俺の戦車道! ダンボールでつくった“動く”九七式中戦車 チハに「尊敬します」「これがホントの紙装甲」と称賛の声