人気アイドルグループNiziU」と「JO1」が、緊急事態宣言下の日本を離れ、現在、韓国に滞在していることが「文春オンライン」特集班の取材でわかった。

 1月8日緊急事態宣言から2週間が経った現在でも、新型コロナウイルスの感染が拡大し、英国や南アフリカ発の「変異株」が国内で検出されたことが問題になっている。英国流行の変異株は従来のウイルスより感染力が最大70%高い可能性があるともされており、1月22日には東京都の10歳未満の女児が英国流行の変異株に感染したと発表された。この女児に海外渡航歴はなく、入国者との接触も確認できていない。

ようやく減少傾向になった韓国に……

「今回の経路不明の変異種の感染は『ビジネス往来』にこだわり続けた菅総理による人災なのではないですか」(立憲民主党・逢坂誠二議員)

 1月20日衆議院本会議ではこんな質問も投げかけられた。菅首相は「必要な水際対策を着実に講じてきた」と回答したが、ビジネス往来の停止決定が遅すぎたのではないかという指摘は少なくない。

 一方の韓国では、昨年12月に「第3波」が猛威を振るい、1日当たり新規感染者数が連日のように1000人を超えていたが、昨年末以降、ようやく減少傾向になったところだ。一部の業種の営業や5人以上の私的会合を禁止するなど感染対策を強化した結果とみられ、今年に入ってからは、ほぼ1000人台を下回っており、最近では400人を下回る日もあった。それでも「まだ油断できる局面ではない」という韓国専門家の声もある。

“日本版K-POP”とも呼ばれる「JO1」と「NiziU」

「JO1」と「NiziU」は、どちらも2020年に大ブレイクし、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気グループだ。どちらも韓国との縁が深く“日本版K-POP”とも呼ばれている。

「『JO1』が所属しているのは、吉本興業と韓国企業の合同会社。オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』で選ばれた日本人11人で結成され、昨年3月に鳴り物入りデビューしました。年末のアジア最大級の音楽授賞式『2020 Mnet ASIAMUSIC AWARDS』では、『ベストニューアジアアーティスト賞』も受賞しています。制作やプロモーションソニーミュージックの関連会社がバックアップしており、吉本ですが『お笑い路線』に走らず、正統派アイドルグループとしてジャニーズをしのぐ勢いです。

NiziU』も同じく日韓の企業が関わっていて、ソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントの合同プロジェクトによる9人組です。12月デビューシングルリリースし、日本レコード大賞の特別賞も受賞。紅白歌合戦にも出場してさらに知名度を上げました」(スポーツ紙記者)

メンバー友人の「韓国合宿頑張ってこい」で噂が拡散

 先に渡韓したのは「JO1」だった。メンバー・河野純喜(23)の友人が投稿したインスタグラムがきっかけで一部ファンたちを中心に噂は広がった。

1月13日、河野がかつて所属していたサッカーチームの友人が、インスタストーリーに投稿したのがきっかけです。河野の写真と共に『韓国合宿頑張ってこい』というメッセージが綴られていたのをファンが見つけ、それをツイッターで拡散したことから議論に発展しました。

渡韓の事実や目的について吉本興業は無回答

 ネットには『なぜみんなが自粛して我慢しているこの時期に海外に行くの?』『日本でもできることなのに』『公表せず内緒で渡韓するのが腹立つ』といった批判の声が目立つのですが、『ビジネスで渡韓しているなら仕方ない』『PCRや隔離もしているなら問題ないのでは?』といった寛容な声もある。意見は割れています」(同前)

「JO1」が韓国に出発したのは、1月上旬と見られている。東京都の1日あたりの感染者が急増した時期で、1月7日には過去最多の2447人の陽性者が発覚。出発が1月8日からの緊急事態宣言より前なのか後なのかは定かではない。

 取材班は「JO1」のマネジメントを担当する吉本興業に出国の事実、目的について確認を求めた。だが、期日までに回答は得られなかった。

 しかし吉本興業の関係者は、「JO1の渡韓については、事務所内がかなりピリピリしている」と明かした。

「JO1の渡韓は事実」

「社内でもこの件の話は慎重な取り扱いが徹底されています。大きな声では言えませんが、『JO1』が渡韓しているのは事実です。ただ、1月の早い段階から渡韓のためのスケジュールを組んで、PCR検査をしたり、2週間の隔離を行うなど日韓両国の感染防止レギュレーションに従って、万全の準備をして行動しています」(同前)

 現在、日本と韓国の間の渡航の条件や制限はかなり厳しいものになっている。前述の変異株の国内検出という事態を踏まえ、日本政府は、昨年12月28日外国人の新規入国を停止。韓国を含む11の国・地域との間で例外的に認めていたビジネス関係者の往来も1月14日には一時停止し、以降は全ての外国人の新規入国が原則禁止となっている。

 韓国への入国制限については、ビジネスによる入国は可能だが、入国後14日間のホテルなどでの待機が必須となっている。位置確認アプリの導入も必須で、指定された場所から移動した場合は罰則が科される。これは、1月13日までは“ビジネストラック”という行動制限を緩和する制度があったが、1月14日にそれが停止されたためだ。

韓国入りした後もSNSスタジオ写真をアップ

「韓国への入国後はもちろん『JO1』メンバーにも自宅やホテルなどで14日間の待機が義務付けられています。ただ、1月13日までにビジネストラックによる『隔離免除』の書類を取得していれば、ホテルスタジオを自家用車などで移動することが可能。彼らが韓国入りした後もSNSスタジオ写真をアップしているのは、おそらくそういう制度をフルに利用しているのでしょう」(芸能記者)

 1月9日、「JO1」の河野純喜と佐藤景瑚(22)は生放送番組の「土曜はナニする!?」(フジテレビ系)に出演しているが、この日は収録での出演となった。昨年11月28日に河野純喜と大平祥生(20)が出演した際は生出演だった。「これも渡韓と関係しているのだろう」とファンの間で囁かれている。

NiziU」出国の様子を成田空港で撮影

NiziU」が成田空港から大韓航空フライトで出国したのは、1月19日のことだった。取材班は成田空港から出発するメンバーたちの姿を確認した。

 12時40分頃、成田空港第1ターミナルの送迎レーンに、メンバーを乗せたバスが到着する。しかし「NiziU」メンバーはバスから降りず、数名のスタッフがトランクを運び出すなど出国の準備をしていた。メンバーは極力外部との接触を抑えるためか、車内で待機。

 メンバーがバスを降りたのは、フライトが近づいた14時ごろだった。メンバーのほとんどは黒い帽子にマスク。普段であればあっという間に他の空港利用者に見つかって囲まれていただろうが、この日の成田空港はほとんど無人。がらんとした空港を足早に通り抜け、メンバーたちはあっという間に手荷物検査口から中へと消えていった。

 空港関係者が説明する。

「チケットの申請は随分前からされていました。こういう時期ですから、乗客は『NiziU』以外はほとんどおらず空港も機内もガラガラ。見送りの事務所スタッフが数人いて、姿が見えなくなるまで手を振るという“VIP待遇”でした」

 渡韓の事実、理由について「NiziU」の所属事務所に問い合わせると、以下の回答があった。

「渡航の目的は業務の事ですのでお答えは控えさせていただきますが、メンバー全員とスタッフルールに基づいて渡韓しております」

韓国で収録した方が価値が上がる

 緊急事態宣言下で渡韓するリスクは両グループの関係者も重々承知のはずだ。吉本関係者の口ぶりからも、その緊張感が窺える。なぜ渡韓は強行されたのか。

「『JO1』や『NiziU』はK-POPの流れをくむグループですから、韓国こそが“本場”です。『MV撮影や楽曲制作は日本でもできる』という声もありますが、韓国に行ったほうがクオリティも高まるし、ブランド価値も上がります。

 今回は韓国のスタジオスタッフを押さえてかなり前から組んでいた予定だったため、キャンセルができなかったようです」(レコード会社関係者)

 前述の通り、日本政府は韓国を含む11の国と地域との間で実施していたビジネス関係者らの往来を停止した。この政府方針が決まったのが1月13日NiziUの出発はその6日後だ。もちろん日本を出国することは可能で、韓国の入国制限をクリアすれば、渡韓すること自体、制度上は何の問題もない。

 一方でコロナ感染拡大を防ぐため、現在、演劇や音楽などの公演が惜しまれながらも次々と中止されている。両グループを応援する日韓両国の音楽ファンの中にも、感染抑止のために歯を食いしばって我慢しているという人たちも多いのではないだろうか。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

1月19日に「NiziU」が飛び立った成田空港 撮影・細尾直人 ©️文藝春秋