東南アジアでの日本車の人気は圧倒的と言われている。それは乗用車シェアだけでなく、トラックシェアの面でもかなり高い。中国のトラックメーカーも日本車に続けと日本のトラックの研究には余念がない。日本のトラックはなぜそれほど人気なのか。そして、中国のトラックメーカーには何が足りないのか。中国メディアの網易が24日付けで記事にしている。

 1つ目の違いは海外進出への態度。日本は島国であり、企業の拡大には海外進出が欠かせない。海外で売れる製品を作り、現地メーカーに負けないよう品質を高め、現地の徹底したマーケティングを行い、それぞれの地域での成功を着実に収めている。一方、中国メーカーは短期的な利益や成功を急ぐあまり、早々に挫折して撤退してしまう。日本企業のような不退転の決意がなければ海外進出はうまくいかない。

 2つ目の違いは品質。日本と中国のトラックの品質の違いは言うまでもない。中国メーカーが日本メーカーに勝つためには「品質でも価格でもはるかに凌駕しなければならない」とのこと。しかし、現実にはどちらの面でもまだまだ及ばない。さらに、「価格も品質も両方下げる”変態的なやり方”で日本企業に勝とうとする企業まで現れる始末。こうした方法を追っているようでは中国製には未来がない」、と率直に指摘する。

 3つ目の違いはブランド力とアフターサービス。日本企業は時間をかけて信頼されるブランドを築いてきた。さらに、ブランドへの信頼を高めるべく徹底したアフターサービスを行っている。ユーザーが製品を好きになってくれるよう、現地でファンサイトを運営し、競技会を開催するなど、製品のブランド力を高める努力を続けている。

 4つ目はトラックカルチャーの構築。日本には「デコトラ」に代表されるトラック文化がある。単なる乗り物としてだけでなく、トラックの文化を構築することに成功している。結果、「デコトラ」や「痛車」のような言葉が生み出され、トラックそのものへのファンも生み出している。

 こうしたことからも、東南アジアにおける日本のトラック人気は一朝一夕に築かれたものではなく、それ相応の海外進出に関するノウハウ、徹底したマーケティングなどによって成し遂げられている。「中国のトラック企業は、こうした日本のアドバイスに謙虚に耳を傾けるべき」とまとめている。(編集:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)

中国のトラック業界に足りないものは何か? 日本のトラック産業に学べ!=中国メディア