(筆坂 秀世:元参議院議員、政治評論家

JBpressですべての写真や図表を見る

 菅義偉政権の支持率低下が止まらない。朝日新聞が1月23、24日に行った全国世論調査によると政権の支持率は、昨年(2020年12月の39%から33%へと6ポイント低下。不支持率は、同時期に35%から45%へと10ポイントも増加している。

 理由は、菅首相が新型コロナ対策でまったく指導力を発揮できていないからだ。これまでの対応を「評価しない」が63%に上っている。2度目の緊急事態宣言についてもタイミングが「遅すぎた」が80%にもなっている。菅首相の発信力の無さも支持率低下の大きな要因になっている。

あきれた「仮定のことは考えていません」との回答

 菅首相はテレビインタビューや2度目の緊急事態宣言発令の際の記者会見で、1カ月の期限内に感染拡大が収まらなかった場合は「どうするのか」と問われ、「仮定のことは考えていません」と回答した。得意の回答なのだろう。若干、微笑みながら答えていた。だが政治家失格の回答である。

 政治家は将来のこと、先々のことを見通して、過ちなきように手を打っていくというのが最大の仕事である。“その時になったら考える”では、遅いのである。官房長官時代の悪癖が出たのであろう。官房長官時代、こんな回答ばかりしていた。

「引き続き緊張感を持って、事態を注視していきたい」というのも菅首相の口癖のようだ。もっともらしいが、「何もしない」ということに過ぎない。「緊張感を持って」と言うが、他人には本当かどうか分からない。つまり単なる形容句なのだ。残るのは「事態を注視」だけである。要するに、何もしないで見ているだけということだ。

「1日も早く収束させ、安心して暮らせる日常を取り戻すために全力を尽くします」とも言う。菅首相のこの言葉を聞いて安心する人はいないだろう。大事なことは、どうやってそれを実現するかという中身なのだ。PCR検査を圧倒的に増やすとか中国のように仮設の病床を何千床も建てるとか、その中身こそが問われているのだ。

一度、国民に謝ったらどうか

 そもそもここまで感染が拡大した大きな要因は、菅首相が主導したGoToトラベルである。菅首相は、「人の移動で感染は拡大しない」と言い続けてきた。だがGoToトラベルは、単なる移動ではない。ホテルなどに宿泊し、飲食を行い、土産物を買う、楽しく遊び回るのだ。2人の旅行もあれば、多数での旅行もあったことだろう。

 医師や看護師が不眠不休で1人でも多くの命を救うために献身的に働いているときに、片方では「温泉などに出かけて大いに遊びましょう」と呼びかけてきたのが、安倍政権、菅政権だった。「医療崩壊を絶対に防ぐ」と言っても、実際にやってきたことは、それに直結することなのだ。

 GoToトラベルは、いったん休止したが、GoToイートは、自治体の判断に任せているため全国半数の県で依然として行われているという。菅首相は、「ありとあらゆる対策を講じる」と口では言っているが、中身はこの程度なのである。

 共産党小池晃参院議員が取り上げていたが、いま国会で審議中の第3次補正予算案には、「GoTo」事業の予算が1兆円以上も組み込まれている。今すぐに使えるものではない。これを新型コロナウイルス対策に回すべきである。

 ともかく、一度「感染拡大下でのGoToキャンペーンは間違っていました」と頭を下げたらどうか。そうすれば、多少は支持率も回復するかも知れない。

罰則強化の法改正は必要か

 コロナ特措法や感染症法の改定案には、時短要請に応じない飲食店や、入院措置に応じない患者への罰則、コロナ患者を受け入れない病院名の公表などが盛り込まれている。

 例えば、緊急事態宣言の対象地域で営業時間短縮などの命令に従わない店に50万円以下の過料(かりょう)を科すことが可能になっている。先の朝日新聞世論調査では、これに「反対」が59%で、「賛成」の29%を大きく上回っている。「入院を拒否した感染者に1年以下の懲役または100万円以下の罰金を科す」ことにも、「反対」が50%で、「賛成」の40%を上回っている。

 罰則が一定の効果を発揮することは間違いないだろうが、新型コロナウイルスの感染拡大という未曾有の災厄に見舞われたときに罰則ではなく、国民の合意と協力によってこそ乗り越えていく力が発揮できる日本であってほしいと思う。

 それよりも政府は、もっと情報の発信に努めてほしい。多くの国民が新型コロナウイルスの情報をどこから得ているかと言えば、テレビである。ワイドショーなどには、多くの専門家が登場し、素人の私が聞いても納得できる、説得力のある話を聞くことができる。防止策も、ワクチンのことも、最近、世界で問題になっている変異種についても政府や分科会からの発信よりもはるかに情報量が多く、まさに国民が求める情報を発信している。本来は、政府や分科会がもっと情報を発信すべきである。

高齢男性のマスク着用率が低い

 私は、人があまりいないところを歩き回れる田舎に住んでいる。そんなこともあって毎日最低5000歩は歩くようにしている。本当は1万歩がいいのだが、最近はきつい。近所のスーパーにもリュックを背負って、歩いて出かけている。

 さすがにスーパーの中には、マスクをしていない人はいない。ただ鼻を出したままやスカスカでほとんどマスクの用をなしていない人は見かける。テレビでも、街中を歩いている人やテレビの取材を受けている人の中に、鼻が出ている人が実に多い。ものすごく気になる。コロナウイルスが口だけではなく鼻からも出入りしていることは素人でも分かることだ。鼻出しマスクは、ノーマスクと同じなのだ。なぜテレビや政府も、鼻も覆うようにと強く言わないのか不思議で仕方がない。

 私が近所を歩くと、田舎ということもあってノーマスクの人が結構いる。そのほぼ全員が高齢男性である。私も来月73歳になる高齢者だが、マスクは必ず着用している。宅急便で物が届いたときもできるだけマスクをするようにしている。感染防止と、相手を不快な思いにさせないためである。

 マスクは、感染を防ぐ一定の効果がある。さらに他人に唾などを飛ばさない効果はもっと大きい。今やマスク着用は、社会生活を送っている者の最低限のマナーである。この程度のマナーさえ実行できない高齢者が多いことに嘆かわしい思いがつのる。この点でも、政府は「マスク着用」を義務づけるぐらいの措置をとってもらいたい。

死者の数が急増している

 1月24日、東京は12日ぶりに感染者1000人を切った。緊急事態宣言の効果が表れつつあるのなら嬉しいことだ。ただ、まだまだ安心できる領域ではまったくない。神奈川、大阪、千葉、埼玉、福岡、兵庫なども依然として高い水準の感染者が出ている。

 なかでも心配なのは、死者の急増である。2週間前には死者の数は4000人台だったが、この2週間で1000人以上増え、24日現在で5120人に上っている。自宅療養中に死亡する例も全国で出ている。医療体制の逼迫は、この死者の急増を見ても明らかである。

 医療体制の拡充やPCR検査の拡充なども、もちろん重要である。それと同時に、「感染しない、させない」という自覚ある行動も大切だ。死亡者は圧倒的に高齢者に多い。「若者が感染を拡大させたからだ」と非難するだけでは無責任である。高齢者自身も責任ある行動をとる責任がある。マスクも着用しないで街中を歩いたり、同居していない子どもや孫と会ったり、食事したりすることを我慢しなければならない。それが高齢者の責任である。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  日本政府が入国制限を決断できなかった本当の理由

[関連記事]

伏し目がちな会見で説得力ゼロ、見放される菅首相

「爆笑田中」症例に学ぶコロナと脳動脈乖離の予防

(写真はイメージです)