写真は本文と関係ありません。photo by Sue Park via Pixabay

アメリカ陰謀論が蔓延っている
 最近、誰も彼もが何かといえば陰謀論を言い募る。
 米国人がそんなことをぼやいているのを聞いた。
 有名なものでは、米大統領選で混乱を助長したQアノンがあった。

 Qアノンとは、2017年に米国のインターネット掲示板4chan」から派生した陰謀論を唱えるコミュニティ、あるいはネットワークのことだ。社会は巨大な闇組織によって支配されており、トランプ大統領はその組織と戦い世界を救うヒーローだと、Qアノン信者は信じている。米経済紙ウォールストリートジャーナルの解説によると、彼らは2つの大きな事象が起こることを待ち望んでおり、1つは「ザ・ストーム(嵐)」、もう1つは「ザ・グレートウェイクニング(大覚醒)」だという。嵐とは、権力者の地位にある人々が大量逮捕となり、彼らが待ち望んでいる粛清が行われること。大覚醒とは、すべての人々がQアノンの理論は常に正しいのだという悟りの境地に達するような大きな社会のうねりが起こり、それによって社会がユートピアの時代に突入することだという。

 世界的に拡大が収まらない新型コロナウイルスに関しても、いくつもの陰謀論が語られている。
新型コロナウイルスはでっち上げ。そんなものは存在しない」という論や「政府は緊急事態の状況を作ることで人民をコントロールしようとしている」という論。「5Gのテクノロジー新型コロナウイルスパンデミックを起こしている」「世界の権力者たちがパンデミックに乗じて人々の体にマイクロチックを埋め込み監視または操ろうとしている」「権力者たちは人々の憲法上の権利を侵害するためにマスクの着用を命じている」「ワクチンマスクは反自由主義、反アメリカ主義を現すものである」といった陰謀論もあった。

 こうした陰謀論は社会的な不安や不透明さからきている面が大きいが、最近はそれだけではなく日常生活やビジネスシーンでもお手軽な陰謀論が蔓延している。筆者は米国のスポーツ界で主にMLBメジャーリーグベースボール)を取材しているが、このところ米球界の陰謀論を立て続けに見聞きした。

コロナ禍で代理人に生じた焦りや苛立ちが生んだ陰謀論
 1つはオフシーズンストーブリーグ中に起こった。
 コロナ禍のため各球団が大きな損失を出したため、昨年10月から今年にかけてのこのオフは、戦力補強をするにも大きな出費を控える傾向が例年以上に強い。FA選手の市場はかつて類を見ないほど停滞し、本来なら引く手あまたのはずのトップクラスの選手でさえ、年が明け春季キャンプ開始まで数週間という時期になっても所属チームが決まらない状態。節約したい球団にしてみれば、キャンプ開始が迫って選手が焦ってくれば相場より安く選手と契約できる可能性が高まるため、じっくり待った方が得策だからだ。だが選手の契約をまとめなければならない代理人は、まったく無反応な球団に対して苛立ちや焦りを募らせている。

 そんな中で1人の代理人が「球団は、選手と契約を結ばないように談合している」と糾弾した。もちろん談合などあるわけはなく、単に各球団が予算に沿い市場原理の下で動いているだけなのだが、代理人は自分の利益に反する状態に絶望し、陰謀論を唱えたというわけだ。

◆球界を揺るがすセクハラスキャンダル
 もう1つは、球界を揺るがせたセクハラスキャンダルの中で起こった。
 それは、昨年12月上旬に就任したばかりのニューヨーク・メッツゼネラルマネジャー(GM)ジャレッド・ポーター氏(41)が、外国人女性レポーターにわいせつ画像を添付したテキストメッセージなどを送っていたことが発覚したことから始まった。スクープしたのは米大手スポーツテレビ局ESPNの電子版で、MLB担当エース記者のジェフ・パッサン氏とスポーツ関係の調査報道記者として活躍するミナ・キム氏による連名記事だった。

 それによるとポーター氏は、シカゴ・カブスのスカウトをしていた2016年ヤンキースタジアムのエレベーターで偶然知り合った女性リポーターと名刺を交換した後、何十通ものメッセージを送っており、その中にはポーター氏本人のものと思われる裸の局部など、複数のわいせつ画像が含まれていた。メッセージには、しつこく誘う言葉や同氏が宿泊中のホテルに呼び出そうとする言葉が綴られていた。記事にはメッセージのやり取りが表示されたスマートフォンの画面映像や、くだんのわいせつ画像が掲載され、セクハラ被害を受けた女性レポーターの談話も引用。具体的で生々しい内容だった。

 この女性レポーターは、セクハラ被害を受けた後に母国に戻り、メディアの仕事はすでに辞めているという。ポーター氏は女性レポーターから法的措置を取られてはいないが、スキャンダルが大々的に報じられた翌日に球団から解任され、現在はMLB機構から調査を受けている。米スポーツメディアでは、このスキャンダル氷山の一角でありスポーツ界では女性へのハラスメントが当たり前のように起こっていることが指摘され、問題提起の流れが起こった。

陰謀論の跋扈から透けて見えるもの
 ところがそんな中で「スキャンダル報道は陰謀ではないか」という発言が、ニューヨークスポーツラジオ局の番組で飛び出した。ESPNのキム記者はポーター氏のセクハラスキャンダル2017年から取材していたそうだが、そのスクープを4年間温存し、同氏がGMという責任ある役職に就いた今になって報道したのは裏に何かある、陰謀ではないのかというのだ。ESPN側は当然のことながら「取材源である人物から公にしていいという許可が出なければ報道はできない。ゴーサインが出たのが今だった」と反論し、騒動に発展している。

 セクハラ報道に対する陰謀論からわかるのは、米国には多かれ少なかれ、ポーター氏の行為は何も問題がないと考えている男性がいるということだ。己の主義主張や価値観、利益に反することを決して受け入れようとしない身勝手さや利己主義がそこから透けてみえる。それが、陰謀論が蔓延する分断された社会の本質的問題の1つであることは確かだと思う。

<取材・文/水次祥子>

【水次祥子】
みずつぎしょうこニューヨーク大学でジャーナリズムを学び、現在もニューヨークを拠点に取材執筆活動を行う。主な著書に『格下婚のススメ』(CCCメディアハウス)、『シンデレラは40歳。~アラフォー世代の結婚の選択~』(扶桑社文庫)、『野茂、イチローはメジャーで何を見たか』(アドレナライズ)など。(「水次祥子official site」)
Twitter ID:@mizutsugi

写真は本文と関係ありません。photo by Sue Park via Pixabay