メルカリ1月27日、外部有識者とともに策定した「マーケットプレイスの基本原則」を公開。関連して、高額出品対策として実装予定のアラート機能について発表しました。

【画像】アラート機能のイメージ

 メルカリが定めた「マーケットプレイスの基本原則」は「安全であること」「信頼できること」「人道的であること」の3項目。

 これら3原則を策定するにあたり、メルカリは“需給バランスが著しく崩れ、価格が急騰するケース”への対応方針についても議論を重ね、出品規制やアラート機能の実装を決定したといいます。

 コロナ禍におけるマスクや消毒液など、生命身体の安全や健康の維持に関わる必需品に関しては、一次流通における供給状況を確認し、必要に応じて出品規制などを行っていくとのこと。

 出品規制は不要と判断されたケースであっても、需給バランスが著しく崩れ価格が急騰している出品物にはアラートを表示し、冷静に購入判断ができるよう情報提供を強化していくと述べました。アラート表示のイメージ画像も公開。機能の実装は今春から今夏を予定しています。

高額で出品されている可能性のある商品をお知らせ