正午ごろ、東京・銀座のビルでルビーの原石が盗まれたと通報があり警視庁が捜査していたが、窃盗の事実はなかったことが分かった。

 警視庁によると、正午ごろ、中央区銀座のビルで「ルビーの原石が盗まれた」と男性から110番通報があった。通報を受けて警視庁が調べたところ、当時、ルビーの所有者の女性と販売を委託されていた男性との間で話し合いが行われていた。

 女性がルビーの原石を持って、その場から立ち去ったことから、男性が通報したということで、窃盗の事実はなかった。

 2人の間でルビーの返却を巡ってトラブルになっていたとみられている。女性はその後、現場に戻っていて警視庁が男性と女性双方から話を聴いている。(ANNニュース
「ルビーの原石が盗まれた」と通報も窃盗の事実なし 返却を巡りトラブルか 東京・銀座