デンマークゲーム開発会社Ghost Ship Gamesは、同社が開発する協力型FPS『Deep Rock Galactic』の売り上げが200万本を超えたことを発表した。PC(Steam)とXbox One版の合算となる。

 このほか、2020年のさまざまな記録が発表された。ユーザーベースが強力に成長しており、Steamでのプレイヤーの総プレイ時間を合計すると7487年分の時間になること、プレイヤーたちが合計1億600万回死亡し、8800万回蘇生されたことなど、ゲームの人気がうかがい知れる内容だ。

 Ghost Ship Gamesは数字に表れないコミュニティの貢献にも感謝している。Steamフォーラムで突然誰かがゲームを象徴する台詞ロックアンドストーン!」と書き込むと、次々に「ロックアンドストーン!」と書き込まれていたことを印象深いシーンとして挙げている。

2020年5月に公開されたバージョン1.0ローントレイラー

 『Deep Rock Galactic』は、協力プレイ重視のマルチプレイFPSだ。対戦はなく、ひとりで遊ぶか、最大4人で協力して遊ぶことを念頭にデザインされている。ドワーフには4種のクラスが用意されており、それぞれにできることも異なる。

 プレイヤーは怖いもの知らずのスペースドワーフとなり、ランダム生成される坑道でモンスターと戦いながら貴重な資源を集める。周囲はほぼ100%破壊可能。暗がりを照らし、仲間と協力しながら「資源を集める」、「ターゲットの排除」などの目標をこなして脱出しよう。

 参考数値ではあるものの、レビュー集積サイト「Metacritic」での平均スコアは85点、ユーザースコアは8.0点とどちらからの評価も高い。外部集計サイトSteam Chartsによると、1月27日Steamの最大プレイヤー数は8000人で、1月に記録された最大プレイヤー数は1万4000人を超えている。Steamでは5万8000件を超えるレビューが投稿され、「圧倒的に好評」を受けている。

(画像はSteam『Deep Rock Galactic』より)
(画像はSteam『Deep Rock Galactic』より)
(画像はSteam『Deep Rock Galactic』より)
(画像はSteam『Deep Rock Galactic』より)

 2月4日には新たなバイオームなどを追加するアップデート33「NEW FRONTIERS」がリリースされる。Steam以外では2月11日リリース予定。待ちきれないという方は、Steamにてアップデート33のベータ版も配信中だ。

Steam 『Deep Rock Galactic』 ストアページはこちら

ライター古嶋誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros