お引っ越しの日に押入れの角と完全に同化してしまった猫ちゃんが、Twitterで注目を集めています。

【画像:猫ちゃんの表情】

 引っ越しの最中、3歳のスコティッシュフォールド「マタムネ」くんの姿が見えなくなってしまいました。その後飼い主さんによって無事に発見されましたが、マタムネくんがいたのはなんと押入れのすみっこ! 立ち上がったマタムネくんは押し入れの奥の角にはまり込んでおり、毛並みの色も相まって、完全に同化しています。

 マタムネくんは移動のためキャリーバッグへ誘導されていた最中に逃亡。飼い主さんが名前を呼んでも返事をせず、懸命に探したところ、押入れの角に完全に同化しているのが発見されたそうです。飼い主さんによると「背伸びをして、何としてでも角に埋まろうという強い意思が感じられました」とのこと。飼い主さんが気付いてくれて本当に良かったです……!

 Twitterのリプライ欄では「忍者にゃんこですね。かわいらしい」「これぞまさにすみっコぐらし」とマタムネくんの同化っぷりに多くのコメントが寄せられた他、家と同化する猫ちゃんの写真もたくさん集まっています。ちなみにマタムネくんは「お陰様で本ニャンはこのように2日目にして新しい縄張りとして認識してくれたようです」と、引っ越しの翌日には新居ですっかりリラックスする姿を見せています。

 飼い主のひかりあんどー(sai)さん(@hihihi_sai)はイラストレーターとして活躍中で、Twitterではイラストの数々やマタムネくんのキュートな写真が見られます。普段からよく立つマタムネくんが、押入れと同様に床や毛布と同化している写真も多数投稿されています。

完全に同化