自分の時間が欲しいと願う子育て中のお父さんの複雑な思いを描いた漫画に共感の声が集まっています。作者は日常漫画をネットに公開しているゆーぱぱさん。

【画像】漫画を読む

 時々一人の時間が欲しいと思うゆーぱぱさん。子どもたちとずっと一緒にいるのは息が詰まりそうになるし、落ち着いてご飯を食べたいし、寒い日は子どもたちの外遊びに付き合うよりも家にこもっていたいから。

 ある時、妻と子どもたちが実家に泊まりに行くことになり、一人の時間をゲットしたゆーぱぱさん。しかし、いざ一人になり布団に入ると、子どもたちのいる日常の尊さを再認識し、娘に会いたい……と寂しさが募るのでした。

 子育て中のお母さんお父さんなら「一人になりたい」と思ったことは一度はあるのではないでしょうか。でも、実際に一人時間を過ごしてみると、楽しくてもどこか心にぽっかり穴が開いたような気持ちになったりして……。一人になりたい、でも、一人はやっぱり寂しいというゆーぱぱさんの複雑な気持ちにとても共感できます。

 読者からは「長い時間一人だと恋しくなるんですよね」「めっちゃわかります!一人だと心細くて死にそうになる」「泣きはせんけど気持ちはわかるわぁ 家に一人でいる時のシンとした感じが堪らなく寂しいのな。居たら居たでめんどくさいし居なきゃ居ないで寂しいし」など共感するコメントが寄せられています。

 ゆーぱぱさんは、他にも2014年2018年まれの娘さんたちとの日常漫画をWebで公開しています。

画像提供:ゆーぱぱさん

一人になりたかったけれど……