年収1000万円以上の男性を結婚相手に希望する女性も多数

年収1000万円以上の男性を結婚相手に希望する女性も多数

結婚相手を探す際には、容姿や年齢、性格はもちろんのこと、経済力も重要な条件になるだろう。では結婚相手に求める年収には、男女で違いはあるのだろうか。

愛知県の40代女性(パート/年収100万円以下)は、結婚相手に求める年収として800万円を提示。その理由については「子どもの教育費を考えた結果。それ以下の年収だと、子どもは1人だけかな」と明かしている。

今回は、キャリコネニュース読者から寄せられた「結婚相手に求める年収」を男女別に紹介する。まずは女性側の希望年収を見てみよう。(文:大渕ともみ)

「できれば自分と同じくらいの収入がいい。金銭感覚や価値観が近い」

福岡県20代女性(IT・通信系/正社員/年収400万円)が示す、結婚相手の希望年収は400万円。「できれば自分と同じくらいの収入がいい。金銭感覚や価値観が近いと、穏やかな生活が過ごせそう」と理想の結婚生活に思いを馳せた。

フリーランスとして働く奈良県の30代女性は、夫婦共働きで800万円ほどの世帯年収を望む。根拠について、「子どもを作り、育てていくことを考えたらそれぐらいかなぁ」と説明。自身の年収は300万円のため、結婚相手に求める年収は500万円だ。

「家にお金がなく、自分や兄弟は勉強したい分野の学校へ行けなかった。だから自分の子どもには『好きなことを学ばせてあげたい』という気持ちが強いです」

とその背景を打ち明けている。

また年収1000万円以上の男性を結婚相手に希望する女性も多数いた。

「年収1000万円の人なら、共働き一択でなくなるのでありがたい。余裕のある生活もできる」(愛知県/40代女性/その他/正社員/年収700万円)
「年収1500万円以上の男性がいい。都内で普通に生活するには、このくらい必要と感じる」(東京都/30代女性/金融・保険系/正社員/年収350万円)

「夫である自分が頑張る。年収0円でもOK」

男性が結婚相手の女性に求める年収は、どのくらいだろうか。大阪府の30代男性(その他/正社員/年収950万円)は「夫である自分が頑張る。年収0円でもOK」と豪語するが、

「妻には家にいてもらい、家庭と子どもを守ってほしい。共働きは浮気も心配」

と心配性な一面もちらつかせた。ほかにも、

「年収100万円以下でもいい。結婚相手には何も求めない」(徳島県20代男性/メーカー系/正社員/年収600万円)
「自分の年収が1500万円のため、妻には専業主婦か仕事をするかを自由に選ばせたい」(東京都/30代男性/商社系/正社員)

など、結婚相手に経済力を求めない男性は一定数いる。一方で、夫婦共働きを前提条件に据える東京都の30代男性(IT・通信系/正社員/年収600万円)からは、

「年収450万円の女性を希望。同年代であれば、最低限このくらいの年収にはなっているはずなので」

という声が寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「結婚相手に求める年収は?」「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。

結婚相手に求める年収は?「1500万円以上。都内で普通に生活するには、このくらい必要」(30代女性)