これから、働きながら妊娠する、もしくはすでに妊娠しており、仕事を続けているという人は多いのではないでしょうか。 最近では決して珍しくなくなりました。

【復職】「マミートラック」に乗る?乗らない?復職後の選択が人生を変える理由

けれど、妊娠中は体調がかんばしくないときもありますし、仕事との両立や今後の働き方についても不安になるものです。

そこで今回は、起業して2年目に妊娠が分かり、妊娠中も仕事を続けていた社外メンター事業を行う株式会社MANABICIAの代表、池原真佐子さんにお話を伺いました。

働く女性として、また妊婦として、どのような悩みを抱え、どのように解決していったのか、その体験談からは、ヒントが得られますよ。

産婦人科医から言われていたこと

池原さんは起業後に妊娠したため、妊娠中も働いていました。臨月のときには夫が単身赴任で不在となり、出産も一人で行ったそうです。

--妊娠中は産婦人科医から、仕事中の行動についてどのようなアドバイスを受けていましたか?

池原真佐子さん(以下、池原)「私はバリバリと働きながら妊娠生活を送ることを担当医へ伝えており、担当医は臨月から一人で過ごす妊娠生活や、仕事もバリバリ行うライフスタイルを理解し、応援し、励ましてくださいました。

妊娠中、診察に行くたびに『まさこちゃ~ん、気楽に気楽に! 元気に過ごそうね』と肩をポンと叩いてくれるような、明るいおじいちゃん先生でした。

先生からは、いつも次のことを言われていました。

  • 前向きに過ごすこと
  • 心配しすぎないこと

これらのアドバイスは、妊娠中、たとえ働いていなくても共通するものだと思います。

私は当時、初めての妊娠でとても神経質になっており、毎日3食に食べたものすべてを記録し、浮腫(むくみ)対策として塩分濃度を計算しグラフにする徹底ぶり(笑)。妊娠中、1日も欠かさず続けました。

そのような中で、先生の『気楽にね』という言葉かけはとても救われました」

妊娠中の体調は? 仕事はどうした?

--妊娠中、働きながら体調の変化はありましたか?

池原「妊娠中の体調は個人差があると思いますが、私の場合、妊娠中に大きなトラブルはありませんでした。妊娠前と変わらずフルタイムで働き、残業もかなりしていました。

一度、破水して入院したこともあったのですが、その日も直前まで4-5時間連続のミーティングを行っていました。

ただ、さすがに妊娠後期には、臨月はおなかも大きくなり、体の変化が大きく、疲れやすいということはあったかもしれません。また、私以上にお客様やクライントが気を使ってくれるようになりました。

ただ、妊娠中は何があるかわからないので、自分の体のペースを知ること、そして、緩急つけた働き方をすることが大事だと思いました」

妊娠中に働きながら困っていたこと

--妊娠中に働きながら、何か困ったことはありましたか?

池原「一つは、臨月から夫が海外赴任で不在となり、とても心細かったことです。ひとり暮らしでサポートをしてくれる人がいなかったのは大変でした。

またもう一つ、自分の事業をまわすことをしている人が身近におらず、同じようなロールモデルがいないというのも困りました。

出産後は、会社員のように育児休業制度があるわけではないので、働き方をどうすればいいのかという情報がないことにも困りました」

--その困ったことを、どのように解決しましたか?

池原「経験者、いわゆるメンターと呼ばれる先輩女性や、ロールモデルのような女性たちを見つけて積極的に連絡を取り、たくさん話を聞いてもらい、妊娠と仕事の両立のコツや、起業した後、出産しても働き続けるための工夫やサービスについての情報を聞いてまわりました」

上手に「甘える」ことも大切!

自分ができないことは遠慮なく友人にヘルプを頼んでいた

--妊娠しながら働いていると、どうしても周囲に迷惑をかけてしまったり、気遣ってもらったりするのは避けられないことかと思います。池原さんはどんな風に対応していましたか?

池原「私が特に気をつけていたのは、『自分でできること』と『できないこと』をはっきり分け、できないことについては遠慮なく友人などにヘルプをお願いしたことです。

例えば『今日はとても体調が悪くて動けないので、夕飯を買ってきてくれない?』などです。

人は万能ではないですし、弱っているときや苦手なことはあります。すべて自分で抱え込まなくては、人様に迷惑をかけてはならない、という『完璧主義』『抱え込みすぎ思考』が、結果的にも、自分や周囲にもいい影響がないということもあります。

弱っているときは素直に甘える、苦手なことは得意な人に聞いてみる。それが『自分も、周囲も、活かしていく』方法だと思っています。

もちろん甘えるばかりではなく、人から甘えてもらうよう、自分ができることも差し出していく。この循環が、仕事においては『チーム』と呼ばれるものだとも思います。

また『迷惑をかける』というのは、妊娠していても、していなくても変わらないことですし、お互い気遣いし合うのは同じだと思います。

ですから、私は困ったことやできないことがあれば、遠慮なく『助けてください』と伝え、もしできなかったら遠慮なく断って欲しい、と断る権利があることをセットで相手に伝えていました。

お願いした相手も私に気遣いすることなく、『ごめんね、今は無理』と言うことができ、はっきり断ってもらうことで、私も『では、またお願いするね』と頼みやすかったです。ヘルプを遠慮なく出す、また断る権利があることを同時に伝えることで、相手と対等な関係を築くようにしていました。

また、妊娠している、していないに関わらず自分が何か助けてもらったら、自分も相手にできることを自分ができる範囲でお返しすることも意識していました」

妊娠中も働きたい女性に伝えたいこと

妊娠中も会社を運営するという池原さんのケースは、これからの時代は多くの女性が体験すると思われます。また会社員の女性も同様に、また出産後の働き方についても悩むことでしょう。

そこで、妊娠中も働きたい女性に向けて、池原さんに妊娠中に「しておいたほうがいいこと」を伺いました。

池原「行政の家事支援や妊婦へのサポートは非常に充実しているので、積極的に行政サービスを活用するといいと思います。民間でも多くのサービスがあり、例えば家事代行や作り置きサービスなど、見つけやすいです。

ですから、妊娠中も出産後も自分のやりがいとか働きがいを持って働きたいと考えている女性には、ぜひメンターを探して話を聴くということをしていただくのをおすすめします。

復帰した後、あるいは妊娠中の働き方において、自分のやりがいを見つけて、より自分らしいキャリアをつくるための方法というのは、なかなか見つけにくいためです。

積極的にメンターとなる先輩を見つけて、働き方のイメージや会社に復帰するにあたっての心構え、仕事上工夫しておくべきことなどを、できるだけ色々なメンターから情報を仕入れておくのをおすすめします」

妊娠中は体調などの戸惑いも大きいですが、個人差もありそれに応じて気を付けるべきなのは前提です。

また、妊娠中にどう働くか、また、出産後の働き方については、なかなか情報が得られないものなので、情報収集はとても大事のようですね。

ぜひヒントにしてみてくださいね

【取材協力】池原 真佐子さん
株式会社MANABICIA代表

早稲田大学・同大学院、INSEAD卒。PR会社、NPO、コンサル会社を経て(株)MANABICIA創業。女性リーダー創出のための社外メンター事業「Mentor For」運営。女性のキャリア・リーダーシップ支援を通じて、多様な人が働きがいをもてる社会を目指す。2年半のワンオペ育児、2年間のドイツ日本の2拠点生活を経て、現在は日本で事業を展開している。
(第8回DBJ女性新ビジネスプランコンペティションファイナリスト / 東京都知事賞女性パワー翔き賞受賞/ 第5回女性起業チャレンジ制度グランプリ受賞 / ワーママオブザイヤー2018受賞 等)