【動画はこちら】

立憲民主党参議院議員の蓮舫さんの息子の村田琳さん(23)が投稿した動画が話題になっています。

村田琳さんは、これまで議員である母の名誉を傷つけないようにという事ばかりを考えてきたこと、これからは母のことは気にせず、意見が違っても自分自身のアイデンティティを持って生きていきたいことなどを宣言しています(冒頭の動画)。

下記は村田琳さんが動画で語った内容。

母は参議院議員の蓮舫です。僕は今まで母の知名度で様々なメディアの方々に取り上げられてきました。ただ、そこでの発言、インタビューは母の知名度を傷つけないことだけを考え、メディアに出演してきました。
僕はいつまで母の目を気にして過ごしていく人生なのかと考えながら生きてきました。少しでも自分自身にスポットライトを当てようとアイドルを始め活動していますが、いざ取材となれば、全て母蓮舫の質問。
アイドルの)肩書きだけを持っていても、世の中の認識は何も変わりませんでした。
もう今日で、母親のことを気にして生きるのは辞めたいと思います。思ったことを全部発言します。
今まで出演してきた番組、雑誌等のインタビューで取り上げてくださったメディアの皆さん、あの時の発言は、ほとんど僕にしては無かったです。ごめんなさい。
僕はこれから、自分自身のアイデンティティを探していきます。
これからは政治に目をむけようと思います。仮に母と意見が食い違ったとしても、自分の意見は曲げないつもりです。

動画には「あなたはあなたです」「どうか、これからのあなたに幸あれ。」「なかなか骨が有る」「応援したい」などのコメントが寄せられています。

後日投稿された動画では、日本の今の状況で揚げ足取りばかりをしている蓮舫議員への批判と取れる内容の動画を投稿します。

緊急事態宣言が出される中、この状況を皆でどうやって乗り越えていくかが最優先だと思うのですが、僕がすごく気になったのが、こんな状況下にもかかわらず何で政治家の方々は揚げ足取り大会をやってるのかなってことです。
間違ってしまったことや失敗してしまったことに蓋をしろというわけではなく、今本当に話し合う事は、少しでも多くの国民が困ってる事に耳を傾け、それを改善していくことであって、たくさんの時間を取って大々的にあげ足をとる必要が今あるのかなというのが率直に僕が思ったことです。
1月27日参議院予算委員会を見ての感想ですが、与党も野党も今の状況をどう改善していくかではなく、今年行われる選挙のことで頭がいっぱいなんだという印象でした。
国難というべき状況においても国民より自分や党が優先の人がいるなら政治家を辞めるべきと思います。
ほとんどの人が思っていることですよね。。

続けて、多くの若者がそうであるように、普段の生活に直接影響を感じなかったため自分も政治に関心がなかったこと。しかしこの状況下で政治が自分たちの生活に直接影響を及ぼすことを肌で感じ、これまで興味のなかった政治に興味を抱き、勉強を始めたことを率直に語っています。

動画には「私も政治に興味が無かったので、これを機に一緒に勉強します」「応援してます!!私も勉強します」「応援しています」などのコメントが寄せられています。

蓮舫さんの息子という立場でありながら、公の場に出て意見を述べる勇気、素晴らしいです。

【動画はこちら】「今まで母の名誉を傷つけないよう生きてきましたが、、」蓮舫議員の息子さん(23)が蓮舫議員のやり方に疑問を呈する動画を配信、「すごい勇気」と話題に!

「今まで母の名誉を傷つけないよう生きてきましたが、、」蓮舫議員の息子さん(23)が蓮舫議員のやり方に疑問を呈する動画を配信、「すごい勇気」と話題に!