中国で一時、SNSに投稿された映像をきっかけに爆発的な人気となったチベット族のイケメン青年、丁真さん(19)。日本でもテレビ番組などで取り上げられ話題となったが、中国ではその人気に便乗した商標登録出願が相次いでいるようだ。

中国メディアの都市快報が10日、微博(ウェイボー)で伝えたところによると、中国の商標局は同日、「丁真」「丁真的世界」「丁真的微笑」「我愛丁真」など関連する91件の商標登録出願を却下したことを明らかにした。出願者は北京のインターネット関連企業などだという。

これについて、ウェイボーユーザーからは、商標局の対応を評価するコメントが多く寄せられていた。

また、「明らかな便乗で悪質」「売却目的だろ」「却下するだけじゃなく処罰できないものか」などの意見もあった。(翻訳・編集/柳川)

中国で一時、SNSに投稿された映像をきっかけに爆発的な人気となったチベット族のイケメン青年、丁真さん(19)。日本でもテレビ番組などで取り上げられ話題となったが、中国ではその人気に便乗した商標登録出願が相次いでいるようだ。

中国メディアの都市快報が10日、微博(ウェイボー)で伝えたところによると、中国の商標局は同日、「丁真」「丁真的世界」「丁真的微笑」「我愛丁真」など関連する91件の商標登録出願を却下したことを明らかにした。出願者は北京のインターネット関連企業などだという。

これについて、ウェイボーユーザーからは、商標局の対応を評価するコメントが多く寄せられていた。

また、「明らかな便乗で悪質」「売却目的だろ」「却下するだけじゃなく処罰できないものか」などの意見もあった。(翻訳・編集/柳川)

中国で一時、SNSに投稿された映像をきっかけに爆発的な人気となったチベット族のイケメン青年、丁真さん。その人気に便乗した商標登録出願が相次いでいるようだ。