2月21日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演した仲野太賀が父・中野英雄の親バカぶりを嘆く一幕があった。

【写真を見る】松坂桃李と仲野太賀が“ハロプロファンの神曲”を熱唱!

13歳から俳優をスタートしたという仲野は「認知されるまでにけっこう時間がかかったかな」と自身のキャリアを振り返った。そんな中で「お父さん(中野英雄)はアドバイスされるの?」と司会の後藤輝基(フットボールアワー)が問いかけると「毎作品、毎話感想を送ってくれる。親バカがひどくて…」と嘆いてみせた。

仲野太賀が本音を吐露「なんのために苗字をとったのか分からない」

さらに、二世俳優というものを切り離して見てもらいたいために、「中野」の苗字をつけずに「太賀」というファーストネームだけで活動していたというが、「父親はその間、『中野』という苗字を隠しているのに、僕の宣伝をし続けてSNSで『ウチの二男、太賀がでます!』みたいな。なんのために苗字をとったのか分からない。オヤジとは二世俳優はなくしていこうと話したにもかかわらず、SNSガンガン投稿するから」と、父親の親バカエピソードをおもしろおかしく披露した。

視聴者からは「太賀って中野英雄の息子なの?」と驚きの声と同時に「親子の関係が微笑ましい」「お父さんの気持ちも分かる♪」などのコメントで盛り上がりをみせていた。

次回、「列のできる法律相談所」は2月28日(日)夜9:00から放送予定。ゲスト飯豊まりえ、岩田絵里奈アナウンサー加藤浩次クロちゃん(安田大サーカス)、堺正章ほか。

俳優・仲野太賀が2月21日放送の「行列のできる法律相談所」に登場/※ザテレビジョン撮影