バイオ、ドラクエ、FF、グランツーリスモにウイニングイレブン…名作揃いのオールタイム「もう一度やりたい!プレステゲーム」1位の行方は!? から続く

 コロナ禍に揺れる2020年11月に発売になったソニーの次世代ゲーム機PlayStation 5PS5)」。先代のPS4などよりも大幅にパワーアップした今回のモデルには発売前から大きな期待が寄せられ、発売3ヵ月が経ってもいまだに入手困難な状況が続いています。

 初代PSが発売されたのは1994年12月四半世紀以上、ゲーム業界全体をひっぱってきた名作ハードPlayStationシリーズ。文春オンラインでは2020年11月15日までの46日間、オールタイム「もう一度やりたい!プレステゲーム」と題したアンケートを実施し、合わせて「一番名作だった歴代PlayStation」を聞きました。

 あなたの「推し」PlayStationにはどんな声が寄せられているのでしょうか。結果と共にご覧ください。

◆◆◆

■PlayStation 約37%

発売日:1994年12月3日
発売時の希望小売価格:3万9800円

 3Dグラフィックを大きく広めた家庭向けゲームの名作。セガ・エンタープライゼス(現・セガ)の「セガサターン」、任天堂の「NINTENDO64」と「次世代機戦争」と呼ばれた激しい競争を勝ち抜き、据え置き型としては初めて累計出荷台数が1億台を超えるベストセラーになりました。

 カセットではない「ディスク型」のゲームメモリーカードなど、印象的な意匠はエポックメイキングな存在でした。

◆◆◆

「やっぱり初代。『ボン!』で始まるCM群も、いくぜ100万台とかカッコ良かった。最近のようなリアルを追求したゲームより、まだ限界があった頃のグラフィックが好きです」(男性・42)

「いくぜ100万台のコピーが印象的。ほんとにあっという間に100万台だった」(男性・51)

「容量も、これくらいで十分だと思う。以降はグラフィックが異常に綺麗になったとかの変化くらいしかない。ゲーム自体の面白さはこの頃で十分」(男性・28)

思い出補正で初代が一番の名作だと思う」(男性・29)

「最初見た時のグラフィックは衝撃的だった。それ以降は『初代のアップグレード版』にすぎない」(男性・46)

「初めてのCD型のゲームコントローラーも斬新。あんな衝撃はなかった」(女性・36)

「それまでROMカセットで1万円を超える高額に達していたゲームソフトをCDに変えたことで5800円に低価格化させた功績が大きい」(男性・52)

「中古で1000円以下のソフトでもたくさん面白いものがあったから」(男性・34)

家庭用ゲーム機の転換期を作ってくれたと思っています。それまで任天堂一強に近い状態だったと思うので、ゲーム業界の雰囲気をガラリと変えてくれたと思います」(女性・39)

「今ではほとんどお目にかかれないマニアックソフトがたくさん出ていて楽しかった」(男性・44)

ファミコン(FC)からスーパーファミコンSFC)へ、SFCからPlayStation(PS)へ……。この流れの中で初代PSの精緻なグラフィック、奥深い音質に衝撃を受けました。この『衝撃の大きさ』=『感動の大きさ』という点で初代PSの右に出る機種はありません」(男性・56)

「初代PlayStationのころは挑戦的なタイトルが非常に多く、海洋探索ゲームアクアノートの休日』や夢の世界をさまよう『LSD』など、とにかくいろいろなゲームを楽しめるハードでした。ゲームソフトの値段も安くなるなど、従来のゲーム機とはまったく違う部分が印象的でしたね。周辺機器としてはPocketStationが特にインパクト大。『どこでもいっしょ』でトロとたくさん遊んだり、『ファイナルファンタジーVIII』や『サガ フロンティア2』でアイテムを探した人も多いのではないでしょうか」(男性・60)

「高校の時のバイト代で当時4万位だったでしょうか? 嬉しさと感動がありました」(女性・36)

■PlayStation 2 約45%

発売日:2000年3月4日
発売時の希望小売価格:3万9800円

 初代の成功を受けて発売された2世代目。初代PlayStationとの互換性や、DVDプレーヤーとしての性能も兼ね備えがゲーム機史上最も売れたゲーム機(1億5500万台)として名前をはせる大ヒット商品になり、次のPlayStation 3が発売された後も息の長いロングセラーになりました。

◆◆◆

「一番バランスの取れているハードだと思います。PS1だとハードの性能の限界による制約も多い。PS3以降になるとゲーム自体の製作費も膨大になってしまう為確実に売れるものしか出せなくなっていく。その中間に位置する言わば色んな意味での『丁度よさ』がPS2にはあります」(男性・38)

「それまでのカートリッジ式やCDではなくDVDを使用することで、映像や、作品に音声が当たり前のように入るようになり、ゲームを子供のおもちゃから、エンターテイメントに昇華させた名機だと思います」(男性・46)

「規格が一気に上がり、PlayStationゲームプレイできるという親切さ。DVDも再生できるようになったのは相当大きい。DVDレコーダーの購入を迷っていたが、これで解決した。映像レベルPlayStationから格段に上がった。申し分のないできで、いまだにプレイしても十分楽しめる」(男性・27)

「やっぱりDVD再生できるのがうれしかった! PSのおかげでDVDブルーレイが売れたといって過言ではないのでは?」(男性・39)

ゲームらしいチープな画質も残しつつ、ゲームの中でできることが増えて、いいバランスだった。PS3以降はグラフィックの比重が増えて、ゲームというよりマーベル作品を見ているような感じがして、いまいち楽しめなかったから」(男性・41)

「そんなに高価ではなく、性能もとても良かった。コスパはこの2が一番だと思う。ただし、セーブ用の別販売のカードブロック容量が少なく、10枚以上買って使い回していた。ゲーム以外の使い道もとても良かった」(男性・56)

PS1からPS2への外観やサイズの進化に未来を感じた」(男性・45)

やっぱりなが~く遊んだのはPS2。読み込みも早くなったし、飛躍的にグラフィックが綺麗になった」(女性・40)

USB端子がキーボードUSBマイクを利用できるのでゲームの使い方が一気に広がった」(女性・28)

「結局ファイナルファンタジーXリリースして、鮮やかなムービーシーンを観ることが出来たのはPS2の性能のおかげ」(男性・55)

ゲームの自由度が格段に上がったことで多種多様な作品が生まれたこと。今は他のハードに移ったけど基礎はPS2で培われた作品は多いと思う」(女性・35)

「あのフォルム、縦置きに驚いた。この時点で、ハードとして十分に満足できるものだった」(男性・44)

PS2がとてもインパクトのある世代で、予約が殺到してサイトが落ちたりと購入するまでもそして購入してからも、いちばん思い出に残っているハード」(女性・35)

リリースされたタイトルも含め、個人的に思い出深いのはPS2。新しいハードが出るたびにグラフィック等は劇的に進化していくが、その中でもPSからPS2への進化というのは、衝撃的だった。今にして改めて振り返れば粗いグラフィックだが、初めて触れた当時は『何だこれは、実写か?』と思ったほど」(男性・29)

「セガや任天堂とのハード戦争で一時的にでも完全に駆逐するほど優良なゲームが多かった。DVDを普及させたというのも大きいと思う」(男性・48)

■PlayStation 3 約7%

発売日:2006年11月11日
発売時の希望小売価格:4万9980円20GBモデル

 ブルーレイディスクHDMI端子など、いまでも見かける様々な規格に対応して発売された3代目。当時はブルーレイディスクとHD DVDの規格争いが終結していない最中で、WiiXbox 360など競合ゲーム機の強力なライバルとの対決をすることになったモデルでもありました。

 基本的にPlayStation 2とは異なり後方互換はありませんでしたが、「初代の3はPlayStation3と2のゲームも出来た」(男性・51)との声にあるように、初代のモデルには後方互換があったことが印象に残るという声が寄せられています。

◆◆◆

「いまだにDVDプレイヤーとしても使ってます」(女性・43)

「好きなシリーズが多かったのと、単発でも名作が多いと感じます。AFRIKAワンダと巨像グランド・セフト・オートシリーズサイレントヒルF.E.A.R.エースコンバット。長いお付き合いのあったプレステ3。自分に体力と情熱があり、社会的環境に融通がある程度持てた、ゲームとの蜜月期でした」(女性・52)

「最高に使いやすかった!」(女性・31)

「初めてブルーレイディスクが観られるようになったから」(男性・40)

■PlayStation 4 約10%

発売日:2013年11月15日(日本では2014年2月22日発売)
発売時の希望小売価格:3万9980円

 2020年11月に次世代機にバトンを渡すまで約7年にわたって支え続けたPlayStation 4。じつは初代PlayStationの累計販売記録1億280万台を上回り、ソニーゲーム機史上2位の販売記録(約1億1000万台)を打ち立てています。

 2016年には4K解像度にも対応したハイエンドモデルPlayStation 4 Pro」も発売されており、改めて、PlayStationシリーズ家庭用ゲーム機のグラフィック性能を向上させ続けてきたといえるでしょう。

◆◆◆

ソフトが充実している。1つ1つのソフトの内容がボリュームがあって面白い。特にオープンワールドの完成度は、PS4という大容量のハードだからこそ出来たことだと思う」(男性・26)

オンラインゲームの楽しさを教えてくれた」(男性・47)

「やはり、映像の美しさやクオリティの高さがちがう」(女性・39)

「他のと比べて画像が特にきれいでブルーレイソフトも再生できて、名作で泣いたり、笑ったり、ゲームをしたりで幅広い使い方が出来たため」(男性・40)

「面白いゲームが多かったし、画質がいいのが何よりよかった」(男性・23)

リアリティー感が半端ない! 動きも滑らかで美しい映像に驚いた!」(男性・57)

■その他

PSP2004年12月12日発売、発売時の希望小売価格:2万6800円)

「持ち運べるということ、画質の良さ。動画も持ち出して自宅以外でみれたのは初めての体験で新鮮だった」(男性・56)

(「文春オンライン」編集部)

あなたの「推し」PSの順位は? ©iStock.com