家に住み着いた座敷わらしが家主を驚かせようとするも失敗の連続で、最後の最後まで涙を流し続ける姿を描いた漫画がかわいらしさにあふれています。

【画像】漫画を読む

 新居での一人暮らしを始めて一週間が過ぎた男性の背後に姿を現す“住人”の座敷わらし。「こわーいイタズラしてあげる」と不穏な笑みを浮かべて、男性の後頭部めがけて紙くずを投げつけます。座敷わらしの手を離れた紙くずは、ソファーに座ってテレビを楽しむ男性の頭に衝突。しかし反応は皆無で、「しーん」とむなしい間があるだけでした。

 いたずらエスカレートし、水道の蛇口をひねって水を大放出したり、窓をドンドン叩いたりと、ビビらせるために暴れ回ります。努力を尽くして疲れ果てる座敷わらしですが、男性はまるで気付いてくれません。「…少しくらい 反応してくれてもいいじゃん…」と涙を流します。

 落ち込む座敷わらしをよそに、男性は外出しようと玄関へ。その姿を見て「見てろ…留守の間にめちゃくちゃに荒らして…!」と次のいたずらで、徹底的に暴れ回ろうと悪巧みします。すると、男性がまるで独り言のように「留守番 よろしくな」と言葉を口にします。その一言を聞いた座敷わらしは、今までのイタズラが気付かれていたことをさとります。そして、それでも留守番を託してくれた家主の優しさに、涙を流すのでした。さっきまでの悔し涙が、最後には嬉しい涙に……!

 漫画を投稿したチャロス(@Cha_ros)さんのもとには、「これは幸運を呼びそう」「のちの嫁であった」など、ハッピーエンドに続くさらなる幸せを予想する感想などが寄せられています。また、チャロスさんは本作「座敷わらしの複雑な想い」の他にも「コロナ禍口裂け女」、「後ろのメリーさん」など、怖いようで温かい心が震える漫画を公開しています。

※作品提供:チャロス(@Cha_ros)さん

こわーいいたずらをしようとする座敷わらしですが……?