ハウス食品』と「食べログ百名店」がコラボレーションしたレトルトカレー「選ばれし人気店」から、3つの新商品が発売されました。この「選ばれし人気店」 シリーズ2018年から登場し、現在まで6商品がラインナップ。全国各地の名店の味を再現しており、ワンランク上のレトルトカレーを味わえると人気を博しています。

左から「カリーハウス コロンボ」、「不思議香菜 ツナパハ」、「アイリッシュカレー」各314円(税抜)
左から「カリーハウス コロンボ」、「不思議香菜 ツナパハ」、「アイリッシュカレー」各314円(税抜)

 今回は、百名店に2年連続で選出されている『カリーハウス コロンボ』(北海道札幌市)、『アイリッシュカレー』(大阪府大阪市)、『不思議香菜 ツナパハ』(福岡県福岡市)の各店舗が監修。こちらもお店に迫る再現度ということで、早速味わってみることにしました。

札幌の老舗店『カリーハウス コロンボ』の「北海道産野菜を味わうカレー(ポーク)」

 まずは、札幌の人気老舗店『カリーハウス コロンボ』から。このお店は1973年創業、札幌では知らない人がいないほどの超有名店です。独特の酸味のきいたサラッとしたカレーで、じゃがいもにんじんスイートコーンの具材が存在感を放っています。

 豚肉特有の甘みも後味にしっかり印象を残しています。北海道で育った筆者としては、カレーには豚肉! どことなく懐かしさも感じさせる家庭的な味わいでした。

『アイリッシュカレー』(大阪)の「欧風ポークカレー」

 大阪にある『アイリッシュカレー』は、イギリスのパブのような雰囲気の人気店。カレービールでしっかり煮込んだ欧風カレーが特徴です。今回監修したのは「欧風ポークカレー」。ビールで煮込んだカレーは、一口含むと初めに苦みが飛び込んできます。

 鮮烈な印象を与える苦みから甘さへと変化し、最後は強力な辛さ襲ってきます。苦み→甘み→辛みと、口の中でどんどん変化していくエンターテイメントな一品! カレーとしては異色ではありますが、一度ハマると他では物足りなくなってしまうほど、中毒性を感じる味でした。

『不思議香菜 ツナパハ』(福岡)の「スリランカカリー チキン」

 福岡県にあるスリランカカレーの名店『不思議香菜 ツナパハ』。スリランカ人の店主が作る本場のカレーや家庭料理は、全国からスパイスマニアが集う人気ぶり。今回監修した「スリランカカリー チキン」は、同店の魅力がたっぷり詰まった一品です。

 ココナッツがしっかり効いているので、タイカレーのような濃厚系かと思いきや、喉を抜ける頃にはサラッした味わいに。スパイスがたっぷり使われているので、辛さとまろやかさのバランスが絶妙なのです。

 これはクセになる辛さ! インディカ米を炊けば、もっと本格的に味わえるでしょう。個人的にはリピート決定の美味しさでした。

 カレーとはなんと奥深き料理なのかと感じさせるほど、レトルト食品でもしっかり名店の味を堪能できる秀作に仕上がっています。ぜひお試しあれ。

(撮影・文◎亀井亜衣子)

食楽web