オランダに拠点を置くTeam Reptileは、現在開発中シングルプレイアクションゲームBomb Rush Cyberfunk2022年に発売すると発表した。

 対応プラットフォームはPC(Steam)と、「関連するすべてのコンソール」とのこと。ゲームプレイを紹介する最新トレイラースクリーンショットも公開されている。

 『Bomb Rush Cyberfunk』はセガが2000年リリースしたジェット セット ラジオに強く影響を受けたアクションゲームだ。主人公ジェットパックを装備しており、街を滑るように移動しながら華麗なトリックを決めていく。

 ポップなアートスタイルゲームプレイ、そして音楽と『ジェット セット ラジオ』の影響を受けた箇所は枚挙に暇がない。実際に同シリーズを象徴する“長沼サウンド”を作り上げた長沼英樹氏が、『Bomb Rush Cyberfunk』にも楽曲を提供している。長沼氏のツイートによると、このトレイラーに使われた楽曲は「GET ENUF!」というタイトルだという。

 なおTeam Reptileはファンからライブストリーミングする際に問題となりがちな音楽の権利とDMCAによる削除への対策はあるかという質問に対し、「ストリーミングに使えない楽曲は使用していません」とTwitter上で答えている。

(画像はSteam『Bomb Rush Cyberfunk』より)
(画像はSteam『Bomb Rush Cyberfunk』より)

 プレイヤーの目的はストリートで成り上がっていくことで、そのためにスライドやウォールランを使って街を駆け巡り、さまざまな場所にあるグラフィティスポットを目指す。街中にグラフィティを残して「REP」を稼ぐと、そのテリトリーを支配するクルーに挑戦することができる。

 ゲリラ的にグラフィティを残す行為は現実でも「ボミング」(Boming)と呼ばれている。タイトルグラフィティに含まれる爆弾の意匠はここから来ているのだろう。

 また、華麗なトリックグラフィティを組み合わせてコンボをつなぐと、スコアを稼ぐことができる。スコアはブーストパワーに変換され、スタイリッシュになればなるほど大きなブーストパワーで街中を走り回れる。クレイジーなコンボを決めれば、無限のブーストパワーを得られる「ボムラッシュモード」が発動する。

(画像はSteam『Bomb Rush Cyberfunk』より)
(画像はSteam『Bomb Rush Cyberfunk』より)

 『Bomb Rush Cyberfunk』は2022年、PCと主要なコンソールリリース予定。まだリリースまではしばらく掛かりそうだが、発売を楽しみに待ちたい。

Steam 『Bomb Rush Cyberfunk』

ライター古嶋誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros