カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

負傷して横たわる犬に一晩中寄り添い続けた仲間の犬


 ブラジルの混雑した幹線道路で、1匹の犬が車にひき逃げされ怪我をし動けなくなっていた。そばにいた仲間の犬は助けが車で一晩中寄り添い、顔を舐めたり、体を起こそうとしたり、なんとか助けようとしていたそうだ。

 通報を受けた地元の動物保護団体スタッフが獣医院に連れていこうとしたところ、仲間の犬はその犬とひき放されることを拒んだ。

 スタッフが怪我した犬を車に乗せたところ、仲間の犬も車に乗り込んできた。そこで一緒に病院に行くことに。仲間の犬は治療中もずっとそばで怪我をした犬を励まし続けていたという。

【事故で動けなくなった犬を1晩中見守り続けた仲間の犬】


DOG CARES FOR PAL HIT BY CAR UNTIL HELP ARRIVES NEXT DAY

 2月14日ブラジルのセアラー州イグアトゥ市にある幹線道路で、1匹の犬が車にひき逃げされた。犬はその場に横たわり動けなくなっていた。目撃した通行人は直ぐに、地元の動物保護団体『Dog Adota Iguatu』に連絡した。

 しかし、同団体ではこの日対応できる獣医師がいなかった為、現場に到着したのは翌日の朝になってからだった。彼らは倒れている犬のそばにに、もう1匹の犬が寄り添っている姿を目撃した。

2_e0


 看護師マリーナ・アスンソンさんは、この時の様子を次のように話している。
犬は、一晩中怪我した犬のそばから離れなかったようです。横たわる犬の顔を舐めたり、前脚で体を撫でたり、動けない犬を必死に起こそうとしたり、必死に助けようとしている様子でした。

私たちが近付くと、怪我した犬を連れ去られてしまうと思ったのか、威嚇的になりましたが、なんとかなだめて保護することができました。


治療中もずっと怪我した犬を見守り続けていた

 スタッフらは怪我した犬を車に乗せたところ、仲間の犬は座席に飛び乗ってきたという。どうしても離れたくなかったのだ。

 そのまま2匹を乗せた車は動物病院へと向かった。治療中も犬は、怪我した犬のそばでずっと見守り続けていたという。

 マリーナさんは犬がみせた仲間に対する深い愛情と思いやりに胸がいっぱいになったという。

3_e0

負傷した犬は順調に回復中

 病院で治療を受け、薬と餌や水を与えられた犬は順調に回復し、今は自分でなんとか歩けるようにまでなったという。

 今後は、動物専門の整形外科医に犬が脊椎や肋骨などを負傷していないか、詳しい検査を委ねる予定だそうだ。

 治療が終わった後も、仲間の犬は甲斐甲斐しく怪我した犬のお世話をしているという。

4_e


 スタッフにカジュとカスターニャと名付けられた2匹は、きょうだいかどうかはわからないが、推定年齢は生後9か月~1歳だということで、この先完全に回復するまで施設で面倒を見るという。そして元気になったら2匹が一緒に暮らすことができる家族を探すとのことだ。

written by Scarlet / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

動物・鳥類の記事をもっと見る

赤やピンクにかわいく光る!暗闇で体が光る哺乳類の仲間にトビウサギが加わった - カラパイア

最後にドヤ顔で決める。猫による超かっこいいドアの開け方 - カラパイア

愛犬の「おかえりなさい!さびしかったよ!」飼い主との再会に大はしゃぎする犬たち - カラパイア

仲良くなったカラスが自発的にボディガード役となり、近づく隣人に襲い掛かるように。だがハッピーエンドが待っていた - カラパイア

車にぶつかり動けなくなった犬を一晩中励まし続けた仲間の犬、病院にも付き添い治療中もずっと離れず(ブラジル)