立川志らく

25日放送の『グッとラック!』(TBS系)では、お笑い芸人水道橋博士ツイッター投稿が「女性蔑視」にあたるとして炎上した件を特集。これに対する番組MC・立川志らくの発言に視聴者から賛否の声があがっている。


■水道橋博士の投稿が炎上

水道橋博士は17日、自身のツイッターで、共演したアイドル金澤朋子が読書好きなことを受け、「美人であり、あんな歌声を持っていれば読書などしなくても良いのに」と投稿。このツイートに対し、ネット上では「美人と読書は関係ないでしょ」「それ、女性蔑視ですよ」など、批判の声が殺到した。

番組が水道橋博士に投稿意図を聞いたところ、「歌って踊れて、しかも魅力的でアクティブで、仕事自体もストイックに取り組んでいて、さらにそこに読書をしようとしているということに称賛、エールしかないです」と、女性蔑視する意図はなかったと説明している。


関連記事:フワちゃん、“逆ギレ会見”で物議醸した森会長をバッサリ 「あの態度は…」

■謝罪投稿をするも…

該当ツイートの炎上後、水道橋博士は「ゴメンナサイリア充の可能性のある若者には青春と人生を楽しんで下さいと思ってしまうだけです。でもボクは読書は大好きなので、そういう性質の人とは文を通して通じあえる。そのメッセージです」と弁明、謝罪した。

しかし、投稿に対して批判の声は止まず、「博士自身の中にある女性差別をみなさんが指摘したと思うんだけど」「意図に関係なく、発言自体がアウトだよ」といった投稿が寄せられている。

■志らくは「芸人に何を求めてるんでしょうか?」

この件に対し、志らくは「今のツイートだけを見たら、これは確かによくないです」としつつ、政治家森喜朗氏の発言が女性蔑視として話題になったことを引き合いに出し、「相手は水道橋博士だよ? 皆さんは芸人に何を求めてるんでしょうか?」と疑問を呈する。

これにNON STYLE・井上裕介は「博士が言いたかったのは、金澤さんが一生懸命努力をしてるよねってことを博士の皮肉っぽい芸風で言っただけなんだけど、SNSの文字面で見るとどうしても勘違いされてしまう。これがトークの中で温度感がわかると、褒めてるなっていうのが伝わると思う」と指摘した。


■視聴者からは賛否の声が

今回の放送を受け、ツイッター上では「確かに、芸人のこういった発言を叩くのは違う」「たぶん批判している人たちは博士の芸風を知らないんだろうな」など、志らくの発言に対して納得の声が寄せられた。

一方で「公共の場で言っていいことと、ダメなことがあるよ」「たとえ芸風だとしてもこれは生理的に受け付けないな」といった批判的な声もあがっており、様々な意見を持つ人がいるようだ。

・合わせて読みたい→『グッとラック』ツイッター嫌いボタン実装説に賛否 志らくの発言に共感の声

(文/しらべぇ編集部・北田力也

志らく、世間が芸人に求めるものに疑問 ネット上では賛否の声