ファミレスで堅実に

ファミレスで堅実に

世帯年収1200万円以上であれば、紛うことなき“高所得層”と言って差し支えないだろう。しかしその中には、庶民派の嗜好を持ち合わせる人たちもいる。都内の50代後半男性(マスコミ系/正社員)は年収1800万円の高給取りだが、

「生活は至って普通ですサイゼリヤ、ゆで太郎が好きです」

と告白。高所得に似合わず、安価な外食チェーンの常連とは驚くばかりだ。今回は「世帯年収1200万円以上なのに庶民派の人たち」を紹介する。(文:大渕ともみ)

「買物は近所の激安スーパー。普段のランチお弁当

愛知県の40代後半女性(その他/契約社員)は、世帯年収1300万円。女性は「平均より世帯年収が多く子どももいないことで、かなり豊かな暮らしをしているように思われるかもしれない。でも現実は大違い」と明かす。自身の金銭感覚について、

「買物は近所の激安スーパーを使っており、イオンは高いと感じる。洋服はユニクロか通販。外食1回あたり夫婦で3000円以下にしたいので、外食はもっぱらラーメン。美容院はイレブンカット。普段のランチお弁当だし、小遣いは夫も私も1万円ずつ」

と詳細に説明。確かに意外なほど庶民的だ。女性は「衣食住には困らないし、唯一の趣味である旅行には年間50万円くらいお金をかけている。でも普段の生活では余裕を感じない」といい、

「キャリコネニュースで、世帯年収が我が家の半分くらいなのに『夫婦2人でだいぶ余裕がある』と語る人の記事を読み、とても驚いた。まだ20代と若い人だったし、老後の心配もないからだろうか」

と素直な感想を述べた。

世帯年収2200万円だが「金融資産が500万円程度しかない」と焦り

「最近転職し大幅に年収が上がった」と語るのは、金融・保険系企業の正社員として働く都内の40代前半男性。「妻は年収200万円ほどの派遣社員」で、世帯年収は2200万円にも及ぶ。男性夫婦には子どもが2人いるが「大学進学や将来のことを考えると、私立に通わせるのは無理がある。都立の中高一貫校に進学させた」という堅実ぶりだ。男性は生活感について、

「8年前に都内に中古マンションを購入。車は持たず、必要な時にはカーシェアレンタカーを利用している。服はユニクロZARA無印良品などシンプルなものが中心。華美な生活をしている意識はない」

と打ち明ける。一方で、外食代や飲み会代が月10万円超であることを気にしており、「仕事相手との懇親目的が一番だが、正直ストレス解消の面も大きい」と省みる。

「現状は金融資産が500万円程度しかない。税金の負担が大きいうえ、子どもの教育費や親の介護費、自らの老後資金などを考えると不安が大きい」

と若干の焦りを見せる。男性は「資産運用の重要性を感じている」と胸中を語った。

—–

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」などのアンケートへのご回答や【アマギフ1000円プレゼント】読者エッセイを募集しています。

【あわせて読みたい】
「妻が専業主婦になったのが痛い」世帯年収600~800万円の男性陣
世帯年収600~800万円のリアル「固定資産税の延滞金がサラ金より恐ろしかった」

世帯年収1200万円以上なのに庶民派の人たち「サイゼリヤ、ゆで太郎が好き」「服はユニクロか通販」