デーン・スカーレット 写真提供: Gettyimages

 トッテナム・ホットスパージョゼ・モウリーニョ監督は同クラブU-18チームに所属しているイングランド人FWデーン・スカーレットに称賛のコメントを送っている。24日、英紙『デイリーメール』が同監督のコメントを伝えている。

 24日、トッテナムヨーロッパリーグノックアウトステージ1回戦ボルフスベルガーとのセカンドレグを4-0で勝利。2試合合計8-1でベスト16進出を決めた。スカーレットは81分にイングランド代表MFデレ・アリに代わり途中出場を果たすと、その2分後にブラジル人FWカルロス・ビニシウスの2ゴール目をアシストを記録した。

 試合後、モウリーニョ監督は16歳スカーレットに対して「彼はダイアモンドだ。多くのポテンシャルを秘めている。既にトップチームとのトレーニングを行っているし、良い経験ができている。彼はまだ16歳だが、来シーズントップチームの選手になるだろう。多くの才能を秘めているんだ」とコメント。来シーズントップチーム昇格を示唆した。

 今シーズンプレミアリーグでは9位と調子を落としているトッテナム。はたしてスカーレットは同クラブの起爆剤となれるのだろうか。