25日、Jリーグは理事会を開催し、審査の結果新たに3クラブを「Jリーグ百年構想クラブ」として認定した。

 Jリーグ百年構想クラブとは、JFL地域リーグまたは都道府県リーグに参加しているチームの中で、練習場、ホームスタジアムなどの複数の条件を満たしている、将来的なJリーグへの参入を目指すクラブである。これに認定されたクラブのうち、日本フットボールリーグJFL)の最終順位4位以内、そして平均入場者数などのいくつかの条件をクリアしたクラブがJ3への参入を認められる。

 今回認められた3クラブは、クリアソン新宿(関東リーグ1部)、鈴鹿ポイントゲッターズ(JFL)、ヴェルスパ大分JFL)。なお、現在のJリーグ百年構想クラブラインメール青森JFL)、いわきFC(JFL)、栃木シティフットボールクラブ(関東リーグ1部)、VONDS市原(関東リーグ1部)、南葛SC(関東リーグ2部)、ヴィアティン三重JFL)、F.C.大阪(JFL)、奈良クラブJFL)の8クラブとなっている。

Jリーグが新たに3クラブの百年構想クラブ承認を発表した