下の子には公立に行ってもらわないと……

下の子には公立に行ってもらわないと……

一昔前には「男性は仕事で稼ぎ、女性は家庭を守る」という生活スタイルが主流だったが、現代では共働きが増えてきている。そのおかげで収入が増えた世帯も多くあるが、その分裕福な生活ができるのだろうか。今回は、世帯年収600?800万円のリアルな生活を紹介する。

キャリコネニュース読者の神奈川県の女性(IT関連企業/世帯年収700万円)は「マイホーム購入、毎月の生活費以外に子どもの教育費を作りたいがなかなか難しいと感じる」と語った。(文:中島雄太)

子ども中学校、高校に上がるにつれ、外食の頻度は間違いなく減った」

神奈川県の30代男性(不動産業/世帯年収750万円)は、妻と子ども2人の4人家族だ。男性は「収入はあるが、子どもが2人いるので出費も多い。蓄えに回せるお金はわずか」と嘆く。

埼玉県の40代女性(不動産業/世帯年収750万円)も「生活は厳しい」と語る。なぜなら「高校3年生と中学3年生のW受験があるため」だ。女性は、

「上の子の大学進学が決まったから、下の子には公立に行ってもらわないと。とてもではないけどお金が足りない」

と悩んだ末、Wワークを始めたことを打ち明けた。

同じく子どもにかかる費用の捻出に苦心するのは、鹿児島県の50代男性(マスコミ関連/世帯年収600万円)だ。「子ども中学校、高校に上がるにつれ、外食の頻度は間違いなく減った」と明かし、「授業料支払いや進学に備え、蓄財をこれまで以上に意識していく」と決意を改めた。

「住宅ローンは繰り上げ返済。今はゆとりがあります」

新潟県の60代男性(営業職/世帯年収700万円)は「子どもは2人とも独立して家を離れ、住宅ローンも上の子が高校に上がる前に完済しました」といい、現在は余裕のある生活を送っている。男性は繰り上げ返済で住宅ローンの利子を大幅に減らしたが「当時はかなり節約をしていたため、正直苦しかったです」と過去を振り返る。

神奈川県の30代男性(不動産業/世帯年収700万円)は、専業主婦の妻と2人の幼稚園児と持ち家のマンションで暮らしている。男性は、

「車はミニバンを所有しています。コロナ前には週に2度の外食もしていました。貯金もできています」

と満足げだが、一方で「休みは週1回ですが、それすらなくなることも多くあります。基本的に残業はありませんが、時期によっては残業もあります」と家族との時間が取れないことに不満を述べた。

東京都の60代男性(IT関連/世帯年収650万円)は「車も所有しています。酒やたばこはやらないので、お金がかかりません」と生活感を明かす。男性は年間100万円ほどの貯金と投資ができているものの「もう少し旅行に行く回数を増やせるくらい収入が欲しい」と本音をこぼしている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」などのアンケートへのご回答や【アマギフ1000円プレゼント】読者エッセイを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収400~600万円の実情「昼食はカップ麺。毎月カツカツ」
年収350万円のアラフォー女性「職場で若手とユニクロ服が丸かぶり。『その年で安物しか着れない』とショックを受けてた」

「下の子には公立に行ってもらわないとお金が足りない」世帯年収750万円の40代女性の声