カプコンは、バイオハザード ヴィレッジ』日本語版におけるボイスキャスト情報を公開した。

 主要キャラクターでは、イーサン・ウィンターズを木内秀信さん、クリス・レッドフィールドを東地 宏樹さん、ミア・ウィンターズを樋口 あかりさんが演じる。いずれもバイオハザード7から同じ役での続投となる。
 また先日から高身長ヴィランとして話題になっているドミトレスク夫人は、井上 喜久子さんが声を担当することになるという。さらに新キャラクターとしては、プレイヤーにさまざまなアイテムを販売するデュークを茶風林さんが担当する。

 プレスリリース全文は以下のとおり。

バイオハザード ヴィレッジ』日本語ボイスキャストを公開! 
各機種版好評予約受付中!

 『バイオハザード ヴィレッジ』はPlayStation(R)4、 PlayStation(R)5、 Xbox OneXbox Seires X、 Steamの各機種版がラインナップされている。 パッケージ版には限定特典が、 そしてダウンロード版には予約特典が準備されているので、 是非予約購入で確実に手に入れて欲しい。

 なお、 PlayStation(R)4版※1、 Xbox One版※2はいずれも 追加費用なしに次世代機版でのゲームプレイが可能 となっている。 本日は日本語ボイスキャストの情報を公開! ドラマを盛り上げる熱演に期待を高めてほしい。

※1 PlayStation(R)4版はPlayStation(R)5アップグレードとして、 PS5™用本ソフトウェアダウンロード版)を追加費用なしに入手することができます。 PS4™用ソフトウェアパッケージ版)からのPS5アップグレードはPS5™本体(ディスクドライブ搭載モデル)が必要となります。

※2 Xbox版はスマートデリバリーに対応しており、 一度ご購入いただくと追加費用なしにお使いいただく機種によってXbox One版及びXbox Series X|S版のどちらも入手いただけます。

実力派声優陣が出演。 熱演を聴き逃すな! 
バイオハザード ヴィレッジ』主要キャラクターを演じる出演声優陣を公開。
ドラマへの没入感をさらに高める熱演を聴き逃すな。

本作の主人公

イーサン・ウィンターズ:木内 秀信

バイオテロと闘い続ける英雄

クリス・レッドフィールド:東地 宏樹

イーサンの妻

ミア・ウィンターズ:樋口 あかり

妖麗なる城主

ドミトレスク夫人:井上 喜久子  

謎の商人

デューク: 茶風林

バイオハザード ヴィレッジ』 限定特典
バイオハザード ヴィレッジ』パッケージ版の 数量限定特典 として、 武器パーツ「ラクーン君」と「サバイバルソースパック」のダウンロードコードプレゼントされる。 「ラクーン君」は特定のショットガンチャームとして装着可能だ。 そして回復薬や弾薬、 キーピックセットにした「サバイバルソースパック」は序盤攻略の助けとなるはずだ。 この2つは各機種のダウンロード版を 予約購入した方にも、 もれなくプレゼント される。

武器パーツ「ラクーン君」

サバイバルソースパック」

 

さらにPlayStation(R)4、 PlayStation(R)5のダウンロード版を予約購入した方には「BIOHAZARD VILLAGE ミニサウンドトラック」もプレゼントされる。

BIOHAZARD VILLAGE ミニサウンドトラック

■商品名バイオハザード ヴィレッジ 
( カナ表記:バイオハザード(全角スペースヴィレッジ   英文表記: BIOHAZARD VILLAGE ) 
■発売日2021年 5月8日(土)
■対応ハードPlayStation (R) 5、 PlayStation(R)4、 Xbox Series X |S 、 Xbox One、 PC ( Steam
■希望小売価格
パッケージ
通常版:7,990円+税  
コレクターエディション:28,790円+税
パッケージ版は PlayStation (R) 5、 PlayStation(R)4のみ発売

ダウンロード
通常版:7,264円+税   
デラックス エディション:8,173円+税 ※PC版のみ8,276円+税
バイオハザード ヴィレッジ&バイオハザード7 コンプリートバンドル:9,082円+税
トラウマパック(別売DLC):1,182円+税

ジャンルサバイバルホラー
プレイ人数:1人
CEROレーティング: 「D」(17才以上推奨) 
 ※同時発売の「Z バージョン」は「Z」(18才以上のみ対象)
コピーライト(C)CAPCOM CO., LTD. 2021 ALL RIGHTS RESERVED.
■公式サイト:  https://www.capcom.co.jp/biohazard/village/

『バイオハザード ヴィレッジ』 公式サイト

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter@ishigenn