女優で歌手の上白石萌音さんが2月26日、自身の公式Twitterを更新。2022年2月・3月に、東宝創立90周年記念作品として初めて舞台化されることが明らかとなったスタジオジブリの名作アニメ映画千と千尋の神隠し」について、「既にゾクゾクしています」とその心境を綴りました。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

 舞台「千と千尋の神隠し」で上白石さんは、橋本環奈さんとWキャストで主演・千尋役を務めることが26日に発表されました。本作の翻案・演出を手掛けるのは、ミュージカルレ・ミゼラブル」の演出で知られるジョン・ケアード氏。

 世界中で愛されるスタジオジブリとの一大プロジェクトは早速海外メディアでも取り上げられており、世界規模での注目が集まっています。

 この発表後に、上白石さんは「全くの未知数に、既にゾクゾクしています。ジョンとともにどんな世界に行けるんだろう!」とTwitter上でコメント。期待をのぞかせています。

 続けて「覚悟と敬愛の念を持って臨ませていただきます。ぜひ劇場へお越しください。萌音」と綴ると、ファンからも「こちらも発表を聞いてゾクゾクしました」「すごいよ萌音ちゃん、頑張って」と興奮の声が殺到。

 投稿には、1時間分足らずで4000件を超えるいいね!(記事執筆時)がつけられています。

<参考・引用>
上白石萌音さん公式Twitter(@mone_tohoent)
※画像は上白石萌音さん公式Twitterスクリーンショットです。

(Shima)

「千と千尋の神隠し」舞台化に千尋役・上白石萌音「既にゾクゾク」