車で出かけた米国の男性に先日、警察も驚いた“不幸中の幸い”というべきハプニングが起きた。道中、どこからか飛んできた銃弾が運転していた男性の頭に命中。しかし、弾は彼の頭に跳ね返って床に落ちたそうで、病院で傷を縫い、数時間後には退院できたそうだ。

米紙タンパベイ・タイムスやオーランド・センチネルなどによると、あわやの出来事に遭遇したのは、フロリダ州ウェズレイ・チャペルに住む62歳の男性。12月12日午後12時15分頃、彼は学校を早退した孫娘を車に乗せ、幹線道路を自宅へ向かっていたという。そして、彼らの車が野原や畑が広がる街の郊外に差し掛かったとき、思いがけぬハプニングに見舞われた。

男性の頭の骨に「金属が当たった」音が聞こえた直後、「おじいちゃん、撃たれた!」と叫んだのは孫娘。間もなく、髪の生え際の下あたりから血が流れ始めたのを感じた彼は、撃たれた現場から20メートルほど先で車を路肩に寄せて停車した。彼に当たった銃弾が足先に落ちてきたのを見た孫娘はすぐに救急車の手配を要請し、男性は病院へと運ばれた。ところが頭部の検査を行ったところ、彼には出血をした箇所に出来ていた傷以外に問題は見られず、結局傷を6針を縫っただけで数時間後に退院したそうだ。

銃弾を頭に受けながら命に関わるような大事に至らず、「ラッキーだった」と話した男性。その見解は、「本当に信じがたいケースだ」と語った警察関係者も同じのようだ。

その後の調べで、彼に当たったのは誰かが別の何かを狙った“流れ弾”と見られ、車から遠く離れた場所から発射されたために、銃弾のスピードが落ちていたのが幸いしたと見られている。警察の推測では、銃弾は下の方へ向かう角度で、開けていた運転席側の窓の隙間から入り、まず彼の頭に命中。その後車の中で数か所跳ね回った銃弾は、フロントガラスにひびを入れるほどの衝撃でぶつかった後、孫娘の足先で止まったとみられる。

今のところ銃弾を発射した人も特定されておらず、捜査が続けられているという今回の事件。様々な偶然が重なった結果の出来事としては、男性が大事に至らずラッキーだったとも言えるが、現場を通るタイミングがほんのわずかでも早いか遅いか違っていたら、良くも悪くもまた違う結果になっていたであろうだけに、負わなくてよかったけがをする羽目になった彼は、銃弾を発射した人に対して怒りを感じているようだ。

彼は、その人が今後も銃を手にし続けるなら「確実に誰かを殺す結果を招く」と話し、今は一刻も早く銃弾を発射した人間を「逮捕して欲しい」と願っている。