今回紹介するのは、Ptuberクロネコさん投稿の『ポケモンの「きんのたま」を作ってみた【アルミホイル玉】』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

今回はアルミホイル玉の2020年版として金の玉を作ります。
私が調べたところ、このやり方で金色にしている人は居なかったので、比較的簡単ですし、既にアルミ玉を作っている人もチャレンジしてみてください。


 『ポケットモンスター』に登場する「きんのたま」。ゲーム内では高額で売却できるアイテムとして知られていますが、このアイテムは「Let’s Go! ピカ・ブイカフェ」にて商品として、ゲームと同じ売却値段である5000円で販売されていました。

 こちらの商品の購入を検討していたPtuberクロネコさんは高額で入手できなかったため、入手できないのであれば実際に作成しようと考え、アルミホイルを使って作成する動画を投稿しました。

 初めにアルミホイルを用意して、ロールから無くなるまで丸めていきます。

 アルミホイルボールが完成したら、ハンマーを使って叩いていきます。

 ひたすら叩きづつけて、光沢のあるボールが出来上がりました。

 まだ凸凹な部分があるので、耐水ペーパーやサンドペーパーを使って研磨していきます。数字の小さな粗いものから数字の大きい細かなものを順番に使っていきます。

 研磨したアルミボールがコチラ。ピカピカの「ぎんのたま」になりました。この後、色塗りをしていきます。

 塗り方はシンプルで、オレンジ色のマーカーで塗っていきます。しかし、塗った色が思っていたよりも濃かったため、イエロー色で再度塗りなおします。

 出来上がったのがコチラ。これは完全に「きんのたま」です。気分はもう5000円です!

 最後にディスプレイ用の台座を用意して完成となります。この完成度にはボールガイもニッコリです。

 そんな「きんのたま」の制作過程をしっかり見たい方は、ぜひ動画をご視聴ください!


▼動画はこちらから視聴できます

ポケモンの「きんのたま」を作ってみた【アルミホイル玉】

―あわせて読みたい―

ヨッシーを使ったストップモーションアニメが凄い!! 本格的な撮影方法に「もうカメラが違う」など驚きの声も

『初代ポケモン』マサラタウンのジオラマを画用紙で作ってみた! ストップモーションで描かれる表現に「立体なのがなんか感動する」「わくわくする」の声