「子どもが私立高校でギリギリ」

子どもが私立高校でギリギリ」

世帯年収400~600万円といえば、日本の平均世帯年収(552万円/2019年 厚労省)ほどとなる。一人世帯、もしくは実家暮らしなら余裕はあるが、家族を持つとなると少し厳しくなる年収帯だろう。

神奈川県の40代女性(金融系/世帯年収400万円)は、「実家暮らしなのでこの年収でも特段不自由していないが、一人暮らしは考えられない」と語る。今回は世帯年収400?600万円のリアルに迫る。(文:中島雄太)

「離婚をして独り身になったので、お金を好きに使えるようになった」

神奈川県に住む40代の女性(メーカー/世帯年収500万円)は、「独身の一人暮らしなので、今のところ生活には困っていません」とコメントを寄せる。女性は趣味や買い物など好きにお金を使うことができ、満足げだ。

東京都の60代男性(不動産/世帯年収450万円)は、離婚後一人暮らしをしている。「今は独り身のため、自由にお金が使えますし趣味にも没頭できます」と語る一方で、

「自分の子どもへの養育費が少し高いことが気になりますし、たまにしか子どもに会えません」

と不満ものぞかせた。

埼玉県の50代男性(メーカー/世帯年収500万円)は、妻との二人暮らしだ。「子どもがいないから何とか楽しく生活できています。でも給与明細を見ると10万円以上も引かれていて悲しいです」と語る。男性は「将来的に年金だけでの生活は難しい。生活保護も覚悟しています」と嘆いた。

石川県の30代女性(事務職/世帯年収600万円)は、夫と子どもの3人で生活している。夫婦共働きで世帯年収は上がったが、それでも「贅沢しなければ毎月貯金ができる程度」だと明かす。

子どもの服もおさがりばかり。贅沢は月に一度、休みがあえば夫婦でランチに行くくらいです」

「毎日の生活でギリギリなので、突然の出費に対応できません」

千葉県でコンサル業を営む40代男性(世帯年収550万円)は、妻と子ども2人の三人暮らしだ。「一人は私立高校に通っており、もう一人は中学生です。学費ももちろんですが、食べ盛りなので食費もかかります」と現状を述べる。男性は「日々ギリギリ。突然の出費に対応できない」と不安を吐露する。

愛知県で営業職をしている20代女性(世帯年収450万円)は、「贅沢ができない」と不満を漏らす。額面から税金や社会保険料が引かれると、年間の手取りは360万円ほどのため、

「欲しい物を買ったり旅行にお金をかけたりすると、貯金をするほどのお金が残らない」

と嘆く。女性は「将来への不安から貯金をしたいと考えてはいるものの、現実は厳しい」と胸中を明かしている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円、30代男性の生活「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参。週末の外食も1人1000円以下」
世帯年収400~600万円の生活「スーパーで半額惣菜、見切り品のお肉や野菜しか買えません」

世帯年収400~600万円の生活感「子どもが私立高校でギリギリの生活。突然の出費に対応できない」