「老後は不安しかない」という声も

「老後は不安しかない」という声も

夫婦共にフルタイム勤務で世帯年収1000万円以上のワーキングマザーには、何かと負担も伴うだろう。静岡県の30代女性は、夫婦共にフルタイム勤務で世帯年収1200万円。未就学児の子どもが1人いるが、夫から「2人目を」と言われたことがあった。当時の心境について、

「その時は職場で自分の代わりもおらず、それなりに活躍もしていた頃。それに仕事を思い通りに任されて楽しかったし、上の子を見ながら新生児の世話をする生活は想像しただけでつらかったです」

コメント。仕事を優先させた結果、妊活が後回しになったことで「今の夫婦仲は最悪です」といい、

「私の身体はひとつなのにキャリア、妻、母と求められる役割が多いです。常にキャリアの断絶を覚悟しなければならない子育てには、前向きになれません。これでは働く女性が増えても、少子化対策にはならないですよ」

と切実な声をあげている。(文:鹿賀大資)

子どものお迎えは、だいたいが最後の1人。寂しい思いをさせています」

「今の世帯年収には満足しています」と語るのは、不動産・建設系の会社に勤務する埼玉県の40代既婚女性(世帯年収1400万円)だ。とはいえフルタイム勤務かつ職場も遠いことから「子どものお迎えは、だいたいが最後の1人。寂しい思いをさせています」という。

「それにこの年収をキープできるのも、あと2年ですかね。子どもが大きくなって塾に通い始める頃には、今の仕事はできそうにないので転職を考えています。年齢的にも現在と同等レベルの年収は見込めないため、世帯年収が半減する可能性も」

女性は「そうなったときは心配ですが、現時点では特に節約などはしていません。徐々に貯蓄を増やしていくつもりです」と書いている。

契約社員をする広島県の30代既婚女性は、世帯年収1300万円。夫婦と子ども1人の家族3人で持ち家に住んでおり「ゆとりのある返済計画のため郊外に購入しました」という。それもあってか、さほど金銭面で苦労することはない。

「見栄をはるためのお金は使いません。本当にやりたいこと、必要な物にのみお金を使うよう心がけています。子どもは公立で習い事に通わせていますが、留学の経験もさせています。旅行は国内外に年2~3回ペース

そう語る女性だが「共働きなので完璧に主婦の仕事がこなせず、自己嫌悪に陥る時があります」と悩みを打ち明けた。

「夫婦で仕事のキャリアが上がると、それなりの服も必要」

サービス系の会社で働く埼玉県の50代女性(世帯年収1600万円)は「夫婦で仕事のキャリアが上がると、それなりの服も必要。仕事で疲れた時は、家事も無理せず外食、出前や惣菜が多くなる」と明かす。さらに、

「毎日のストレス発散が飲酒なので酒代もかかる。駅に直結するマンションに住んでいて生活に便利だが、40代で購入したからローン期間が短い上に高額返済。同時に子どもが大学進学でダブルパンチ

とやりくりに苦心している。女性は「決して贅沢な生活はできないし、貯蓄も大してないので老後は不安しかない」と書いている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」などのアンケートへのご回答や【アマギフ1000円プレゼント】読者エッセイを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収400~600万円の実情「昼食はカップ麺。毎月カツカツ」
年収350万円のアラフォー女性「職場で若手とユニクロ服が丸かぶり。『その年で安物しか着れない』とショックを受けてた」

世帯年収1200万円の30代ワーママ「子育てで常にキャリアの断絶を覚悟。これでは少子化は改善しない」