カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

火事で全焼した家が氷の洞窟と化す

 アメリカウィスコンシン州の民家で火災が発生した。出火の原因は地下の薪ストーブで、幸いにも家族とペット全員無事だったが家は全焼した。

 数日後、この家主が家の状態を確認しに行ったところ、連日の寒波によりそこは氷の洞窟と化していたという。


My House Turned Into a Cave

 ウィスコンシン州にあるジェイシー・カトリンさんの家で火災が発生した。火元は地下の薪ストーブで、2階にいたカトリンさんは煙の臭いに気が付き、子供たちがいるリビングに降りていくと地下から炎が登ってきているのがわかった。

 カトリンさんは1本目の消火器で消火し、2本目の消火器を持って戻ってきたときにはすでに煙が部屋に充満していた。

no title

 すぐさま消防署に連絡をし、家族やペットを避難させ、車を家から遠ざけた後、もう一度消火を試みたが、炎の勢いが凄く玄関のドアも開けられない状態となっていた。これらはたった4分間の間に起きたことである。

 消防署からボランティア消防士を含む50人が駆けつけようやく火を消し止めることに成功。全員が無事だったものの家は全焼してしまった。

 その数日後、カトリンさんは家の様子を見に行ったところ、氷点下20度を下回る連日の寒さにより、家は氷の洞窟となっていたという。

2

3

4

5

6

7

8

9

10

 家が遠隔地にあったこと、極寒の気温により消火活動が難航したこと、木造の家であることなど、様々な要因により全焼に至ってしまったようだ。

 火は消し止められたものの、その時に使用された大量の水がすぐに凍り付いてしまい、まるで氷の洞窟のような光景を作り上げてしまったようだ。

追記(2021/02/28)本文を一部修正して再送します。

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

自然・廃墟・宇宙の記事をもっと見る

氷の枯山水にも見える!アラバマ州で発見された美しい氷のミステリーサークル - カラパイア

崖崩れで墓地が崩壊。大量の棺が海に落下(イタリア) - カラパイア

廃墟となった精神病院から聞こえる不気味なオルゴールの音(オーストラリア) - カラパイア

南極に墜落したゴースト粒子はブラックホールで粉々になった星の名残であることが判明 - カラパイア

火事で全焼した家に数日後戻ってみると、氷の洞窟と化していた