「お金を気にせず高級旅館に宿泊」

「お金を気にせず高級旅館に宿泊」

世帯年収600~800万円の既婚者からは「まったく余裕なし」(東京都/30代男性/子ども3人)という声が多く上がる。では既婚者よりも自由に使えるお金の多い独身者は、余裕があるのだろうか。今回は、年収600~800万円の独身者から寄せられたリアルライフスタイルを紹介したい。(文:林加奈)

「金銭面で苦労はないが、心身的にはよくない生活」

独身者からは「生活に余裕がある」という声が目立つ。

「1人暮らしで年収700万円。月7万円の賃貸で、そこそこ楽しみながら生活しています」(熊本県/60代女性/金融・保険系)
「特別不自由はない」(東京都/40代男性/不動産・建設系)
「普通に暮らして貯金もそれなりにできます」(香川県/50代男性/不動産・建設系)

年収620万円の大阪府に住む40代女性は、「年収500万円を超えてからは、買い物で値段を気にしなくなりました。お金を気にせず高級旅館に泊まれるし、現地では食べたいものをいただける」とライフスタイルを打ち明ける。しかし、

「仕事の責任が重い、休みが取れない、残業が多すぎるなど、心身にはよくない生活。収入の少ないときのほうが休みを満喫できたし、愚痴やストレスも少なかった。今は金銭面での苦労はないが、高級でおいしいものを食べても『健康な舌と胃がなければ意味がない』と痛感」

と不満も綴る。金銭的な余裕が精神的な余裕に繋がるとは限らないようだ。

満足しているけど「不安は大きい」結婚を意識した意見も

将来の結婚生活を意識する独身者もいる。愛知県20代男性は、自身のライフスタイルについて、

「年収800万円弱の1人暮らし。年齢の割にはもらっているほうなので、生活がカツカツということはないです。名古屋の郊外に分譲マンションを買い、レクサスに乗り、満足です」

と語り、結婚後も生活水準を維持したいと考えている。男性は「歩合制なので、将来にわたって収入が保証されているわけではありません。不安が大きいため、安定収入を見込める仕事をしていることが結婚相手の条件」と結婚観を明かした。

ほかにも、金融業界で働く大阪府在住の30歳男性は、

「年収700万円程度。住宅補助で家賃の半額が支給されるので、広めの賃貸で暮らしています。空いた時間を趣味兼副業である不動産投資に使っているので、充実しています。5年以内には投資に目途をつけて結婚したいです」

と語っている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収400~600万円の実情「昼食はカップ麺。毎月カツカツ」
年収350万円のアラフォー女性「職場で若手とユニクロ服が丸かぶり。『その年で安物しか着れない』とショックを受けてた」

世帯年収600~800万円、独身者の生活「お金を気にせず高級旅館に泊まれる」「余暇には不動産投資」