任天堂あつまれ どうぶつの森内でスーパーマリオブラザーズ』のモチーフにした家具や服を配信開始した。2月25日より配信されたアップデートを適用することで、本日3月1日より、ゲーム内のたぬきショッピングで注文が可能となる。

 『あつまれ どうぶつの森』で『スーパーマリオブラザーズ』をモチーフにしたマリオアイテムたぬきショッピングに入荷している。
 ゲーム内の通貨ベルで購入することで、1UPキノコ、どかん、ハテナブロク、ドッスンなどの家具、マリオのぼうし、ピーチひめのドレスマリオのふくなどの服装が入手することが可能だ。

(画像はYouTube「Nintendo Direct 2021.2.18」より)
(画像はYouTube「Nintendo Direct 2021.2.18」より)
(画像はYouTube「Nintendo Direct 2021.2.18」より)
(画像はYouTube「Nintendo Direct 2021.2.18」より)

 スーパーキノコはてなブロックなどを飾り付けて触れると『スーパーマリオブラザーズシリーズのおなじみの効果音がなる仕組みになっており、島中をマリオアイテムに満たせば、さながら『スーパーマリオブラザーズ』のような世界を彩ることができる。
 中でも特筆すべきは家具の「どかん」で、島内に2つ設置することでその間をワープすることが可能となる。『スーパーマリオブラザーズ』のゴール地点の旗「ゴールポール」も設置することができるので、ゲームステージのような構成を作ることも可能だ。

 この『あつまれ どうぶつの森』と『スーパーマリオブラザーズ』のコラボ企画は、『スーパーマリオブラザーズ』35周年を祝したもの。なお、このマリオアイテムは期間限定販売ではなく、1度入荷されればずっと注文が可能となるので、ベルが足りなくて慌てなくても大丈夫だ。
 『あつまれ どうぶつの森』で自分の島を『スーパーマリオブラザーズ』の世界に彩ってみてはいかがだろうか。

あつまれ どうぶつの森 | Nintendo Switch | 任天堂
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman